LGエレクトロニクス・ジャパンは、同社テレビ製品の2021年モデルとして、8K有機ELテレビ「OLED Z1」シリーズ、および8K液晶テレビ「NANO96」シリーズから各2モデルを、8月下旬から順次発売する。

■8K有機ELテレビ「OLED Z1」シリーズ

・88型「OLED 88Z1PJA」¥OPEN(予想実売価格/税込390万円前後)

・77型「OLED 77Z1PJA」¥OPEN(予想実売価格/税込280万円前後)

■8K液晶テレビ「NANO96」シリーズ

・65型「65NANO96JPA」¥OPEN(予想実売価格/税込39万円前後)

・55型「55NANO96JPA」¥OPEN(予想実売価格/税込32万円前後)

8K有機ELテレビ「OLED Z1」シリーズは、同社のプレミアムブランド「LG SIGNATURE」としてラインナップし、この度発表した2モデルはいずれも受注生産で販売する。一つ一つの素子が個別に自発光することで「本物の黒」を再現でき、大迫力の高精細映像を実現するとともに、パネル部には極細ブラックベゼルを採用することで“まるで映像だけが浮いているような没入感”を演出できるとしている。

88型「OLED 88Z1PJA」には高級感あるシルバーのキャビネットスタンドを採用。77型「OLED 77Z1PJA」は通常スタンドの付属に加えて、壁掛け用の取り付け金具が本体の中に収まる構造とすることで、壁にぴったり密着させて設置できる「ギャラリーデザイン」にも対応する。

8K液晶テレビ「NANO96」シリーズは、1nmの極小粒子を超精密に敷きつめたとするLG独自の「NanoCell Display」を採用。色ノイズの原因となる過剰な光波長を吸収し、赤や緑の色の純度や濃さを向上させることで、色再現性の高い映像表示を実現するとしている。

両シリーズ共通の仕様として、独自の8K専用AIプロセッサー「α9 Gen4 AI Processor 8K」を搭載。映像とサウンドを自動認識して最適化する。

視聴している映像ジャンル、シーンをリアルタイムに検出して自動で認識し、人の肌を自然なトーンにするなど、最適な映像設定を自動で適用。加えて、映像処理のプロセスに「オブジェクト強調」のステップを追加。主要な物体を認識し、立体的に高精細化することで、より現実に近い質感を再現するとしている。

また、「AI 8Kアップスケーリング」機能を搭載。2Kおよび4K解像度の映像を8K水準にアップスケーリングし、さらにAIが映像を解析してあらゆるノイズを徹底的に除去することで、クリアな映像を可能にするとのこと。

音質面では、視聴している映像ジャンルを分析して、ドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5つに分類。各ジャンルに合わせたサウンド調整を施し、バーチャル5.1.2ch サウンドに変換して再生する。

NetflixやAmazon Prime Video、huluなどさまざまなネット動画アプリにも対応。スピーディーな操作を実現したとするweb OS 6.0を採用し、アプリによって異なる音量レベルを一貫して維持できるオートボリュームレベリング機能も装備する。リモコンは、テレビに向けて上下左右に振るとカーソル&スクロール操作が可能なマジックリモコンを採用する。

ドルビービジョン/アトモス対応で、室内の明るさに合わせてドルビービジョン映像を自動最適化する「Dolby Vision IQ」を採用。また、FILMMAKER MODEにも対応し、フレーム数の補完をオフにして製作者の意図通りの映像表示にすることもできる。

内蔵チューナー数はBS8K×1/BS4K・110度CS4K×2/地デジ×3/BS・110度CS×3。HDMI入力×4を備え、OLED Z1シリーズはeARC/VRR(可変リフレッシュレート)/ALLM(自動低遅延モード)を、NANO96シリーズはeARC/ALLMをサポートする。

ゲーム機能面も充実。OLED Z1シリーズは、応答速度1msを実現。またPCとテレビのリフレッシュレートを同期させ、ゲームの映像で発生するズレやカクつきを抑えるNVIDIA G-SYNC Compatibleに対応する。

他共通で、効果音など音質を強化するAIゲームサウンドや、HGiG規格への対応、プレイ環境やジャンルに合わせて画質モードを選択できるゲームオプティマイザ、設定をジャンル別に行えるゲームジャンル設定などを搭載する。