トップウイングサイバーサウンドグループは、同社取り扱いブランドiFi audioから、“ZEN Signatureシリーズ”の新モデルとして、HiFiMAN社製ヘッドホン向けのEQ機能を搭載したヘッドホンアンプ「ZEN CAN Signature HFM」を発売する。価格は41,800円(税込)。

生産台数が限られることから受注販売形式となっており、注文受付は本日8月20日より開始している。また、USB-DAC「ZEN DAC Signature V2」および4.4mm - 4.4mmケーブルがセットになったバンドルセットもラインナップしており、価格は83,600円(税込)。

特定のヘッドホンに合わせた補正を行う純アナログEQ機能「ActiveEQ」を搭載するヘッドホンアンプ。本モデルのActiveEQは、全世界的に要望が多かったというHiFiMAN社製ヘッドホン向けに調整されており、HiFiMAN社の主要なヘッドホンに対応するとのこと。

ActiveEQ以外の仕様は既存モデル「ZEN CAN Signature 6XX」と共通となる。上位モデル「Pro iCAN」が搭載していた「デュアルモノ・トゥルー・ディファレンシャル・バランス・ディスクリートAクラス回路」や、Panasonic製OS-CON、エルナー社製Silmlic IIコンデンサーといた高品位パーツを採用。自然なサウンドステージを再現する音場補正機能「XSpace」も内蔵している。また、電源アダプターとして同ブランドの「iPower II 5V」が同梱する。