パナソニックは、ワイヤレスネックスピーカー「SC-WN10」を9月24日に発売する。価格はオープンだが、税込17,000円前後の実売が予想される。カラーはホワイトとブラックの2色展開。

テレビ視聴や在宅ワークでの利用を想定したワイヤレスネックスピーカー。音が耳元で聞こえやすいため、テレビの音量を上げすぎることなく、周囲に配慮しながら視聴が楽しめる。

また、マイクを搭載しており、パソコンやスマートフォンに接続することで、ワイヤレスによるコミュニケーションが可能。耳をふさがないため、在宅ワーク中の突然の宅急便や家族の様子など、周囲を把握しながらコミュニケーションできる。

11×34mmの専用スピーカーを左右それぞれに搭載。スピーカーの配置や角度を本体形状と合わせて最適化することにより、自然な聴きやすさに加えて、約108gの軽量を実現している。

ノーマルモードでは、量感のある低音域かつ声やセリフが聞きやすい音作りを採用する。また、人の声を強調する「快聴音」機能を搭載し、ドラマやニュースの音声がクリアで聞き取りやすくなるとのこと。

ワイヤレス接続は、付属のワイヤレス送信機とBluetoothの2種類に対応する。本体のボタンを押すだけで接続を切り替えられるため、テレビはワイヤレス送信機と接続、パソコンとはBluetoothで接続といった使い方ができる。また、ワイヤレス送信機は2台までの同時接続に対応する。

Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはSBCとAACに対応。本体はIPX4相当の防滴仕様となるほか、アルコール除菌シートによるお手入れに対応する。バッテリーによる連続再生時間は約13時間で、USB Type-C端子による充電時間は約6時間。外形寸法は189×183×36mmで、質量は約108g。