GNオーディオジャパンは、Jabraブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Eliteシリーズ」を刷新し、新たに「Elite 7 Pro」「Elite 7 Active」「Elite 3」の3モデルを発表した。9月16日から順次発売する。発売時期と価格は以下の通り。

・「Elite 7 Pro」10月予定/日本での発売価格は未定

・「Elite 7 Active」11月予定/日本での発売価格は未定

・「Elite 3」9月16日発売/9,900円(税込)※Elite 3は9月2日から予約開始。家電量販店では現在特価として税込8,910円で予約受付中

新しいEliteシリーズは、音質と通話性能を追求し、ユーザーのニーズやライフスタイルに合わせて「Elite」「Active」「Pro」の3つに区分して製品を展開。今回EliteからElite 3、ActiveからElite 7 Active、ProからElite 7 Proが登場する。

上位モデルとなるElite 7 Proは、“常に最高の音声通話と音質を求め、プライベートはもちろん、仕事でも活用できる” 製品を展開する「Pro」の新モデル。本機では新たに、骨伝導センサーと高機能マイクに独自のアルゴリズムを組み合わせて、高品質な通話を可能にする次世代技術「Jabraマルチセンサーボイス」を搭載する。

Jabraマルチセンサーボイスでは、骨伝導センサーを片側に1基ずつの合計2基、通話用マイクを片側2基ずつ合計4基を搭載し、強風時など風切り音を察知すると骨伝導センサーが自動起動。顎の骨の振動から伝わってくる音声を捉え、マイクでピックアップした音声と合わせて、Jabra独自のアルゴリズムが最適解を選択し、よりベストな状態の音声を通話相手に届けられるという。

同社は、昨今のテレワークの広がりなどで、さまざまな場所で電話を取る、会議に出るといったシチュエーションが増えていることを挙げ、「どんな場面でも、Jabraマルチセンサーボイスにより、これまでにない別次元の高品質な通話が可能」になるとしている。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載。「Sound+アプリ」を通じて5段階でノイズキャンセリングレベルの調整が可能となる。外音を取り込むヒアスルー機能にも対応する。

搭載する6mmドライバーは、徹底的に性能改良を施したとのこと。音の歪みを取り除くため、内部コンポーネントを緻密に配置して、豊かで迫力のあるサウンドを実現したとしている。

イコライザー機能にも対応し、音質調整も可能。ほか、聴覚プロファイルによりユーザーに合わせた音質調整ができる「MySound」、イヤホンの装着感をチェックできる「MyFit」、イヤホンの操作コマンドをユーザー好みに自由に割りあてられる「MyControls」など、様々なパーソナライゼーション機能にも対応する。

筐体は従来モデル「Elite 75t」と比較して16%の小型化を実現、片耳は5.4gの軽量設計とした。また小型化に合わせてドライバー配置も見直して最適化している。

さらに、形状設計に使用していた耳のスキャンデータを刷新し、62,000件もの新たなデータをもとに開発。周波数によって変化する圧力を逃がすベントを追加し、遮音性高く、よりフィット感を高めたデザインに仕上げたとのこと。

イヤージェルは新デザインを採用。サイズごとに外側ジェルの厚みを変え、先端は丸形状の先細型で、解剖学的に最適化した装着感を実現するという。

Bluetoothはバージョン5.2。2台までのマルチポイント機能も備える。また、ファームウェアアップデートにより、新たに片側のみで使用できる「片耳モード」も対応する。

連続再生時間は最長9時間、ケース併用で最大35時間の連続使用が可能(いずれもANCオン時)。5分の充電で1時間再生できる急速充電にも対応する。音声アシスタントにはAmazon Alexa、Siri、Googleアシスタント(Androidのみ)にも対応する。

本体カラーはチタニウムブラック、ゴールドベージュに加え、Amazon限定でブラックを用意する。IP57準拠の防塵防水性能も備える。

「Active」は、ジム通いやジョギングなどを行ったり、アクティブなライフスタイルで、耐久性やフィット感をより重視したいユーザーに向けた製品カテゴリ。Elite 7 Activeでは、激しいワークアウトにも対応する高い装着性能を実現した「Jabra シェークグリップ」テクノロジーを採用している。

フィット感を高めながら柔らかい触り心地も両立する「リキッドシリコンラバーコーティング」を施しており、スポーツ向けイヤホンに多く採用されるイヤーフィンは使用しないウィングフリーデザインを採用。Elite 7 Proと同様に62,000件の耳型データを使用した形状の組み合わせにより、ズレにくい高いフィット感を実現した。本体はIP57の防塵防水性能も備える。

音質面では、Elite 7 Pro同様に改良を施した6mmドライバーを搭載、ワークアウトにフィットするよう音質調整し、迫力あるサウンドに仕上げたとしている。調整可能なアクティブノイズキャンセリング、およびヒアスルー機能も搭載する。

合計4基のマイクを搭載し、クリアな通話も可能。上述のJabraマルチセンサーボイスは非搭載となるが、風切り音を除去するマイクメッシュを搭載し、通話品質の向上も図られている。

MySoundをはじめとするパーソナライズ機能にも対応。連続再生時間は最長9時間、ケース併用で最大35時間の連続使用が可能(いずれもANCオン時)。音声アシスタントにはAmazon Alexa、Siri、Googleアシスタント(Androidのみ)に対応する。

片耳モードには本機もファームアップで対応。2台までのマルチポイントもサポートする。本体カラーはネイビー、ミント、ブラックの3色。

Eliteでは、一日中あらゆる場面で音楽を聴いたり、SNSや通話で情報を発信・受信したりと、多目的にイヤホンを使うような現代的なユーザー層を主なターゲット層とし、新登場するElite 3ではターゲットユーザーの音楽嗜好を反映させ、パワフルでパンチのある低音にこだわったとしている。

搭載する6mmドライバーは本モデルのために再設計。イコライザー機能にも対応し、Sound+アプリと連携して、発売時は5つのプリセットから選択、10月以降予定のファームウェアアップデートで自由なカスタム調整も可能となる。

音楽機能面では、BluetoothコーデックにSBCのほか、新たに高音質コーデックのaptXに対応。Androidデバイスとの組み合わせでSpotifyのワンタッチ再生も可能となる。

遮音性の高い筐体デザインを採用し、外部ノイズを低減。筐体はこれまで以上にコンパクトサイズを追求した。本体カラーはダークグレー、ライラック、ライトベージュの3色と、Amazon限定となるネイビーをラインナップ。IP55の防塵防水性能を装備する。

Bluetoothはバージョン5.2。音声アシスタント機能はAmazon Alexa、Siri、Googleアシスタント(Androidのみ)に対応、AndroidデバイスのみとなるがGoogle Fast Pairもサポートする。

4基のマイクを内蔵し、高い通話品質も実現。またヒアスルー機能に対応する。ファームアップで片耳モードにも対応する。連続再生は最長7時間、ケース併用で28時間の使用が可能。