エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドより、バスパワー駆動の小型USB DAC内蔵ヘッドホンアンプ「K3ES」「E10K Type-C」を9月10日に発売する。価格はオープンだが、K3ESは税込14,850円前後、E10K Type-Cは税込8,910円前後での実売が予想される。

バスパワー駆動で小型かつ高性能なモデルとして高評価を受けているという従来モデル「K3」「E10K」の後継機。

K3ESでは、DACチップを従来のAKM「AK4452」から、ESSのポータブル向けフラグシップモデル「ES9038Q2M」へと変更し、大幅な特性の改善を図ったとする。具体的には、S/Nが14dB向上、歪み率は13dB低減したとのこと。

DACチップ変更にあたって、回路設計も最適化。より低いノイズフロアと透明感あるサウンドを実現。オペアンプには低歪み、低ノイズ、高出力スイングで定評のある、特注仕様のヘッドホン駆動専用品「OPA926」をデュアルで採用する。

XMOS USBレシーバーチップを搭載し、最大PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHz(DSD 256、ASIOネイティブ)のデコードに対応。内蔵するデュアルクリスタルオシレーターにより、正確な信号入力とジッターを低減した高音質再生が可能だとする。

また、入力信号を変換して同軸または光デジタルオーディオ端子に出力可能で、最大192kHz、DSD 2.8MHz(DSD 256)のDoP出力に対応する。USBオーディオクラスを1.0/2.0で切り替えられるスイッチも引き続き装備する。

ボリュームノブは可変抵抗型で本体前面に配置。独自のA/D変換方式による音量調整機構を採用し、ギャングエラーを効果的に抑制するという。なおボリュームノブでのデジタル出力レベル調節は不可。ハイ/ローの2段階でゲイン調整が可能。またハードウェア回路構成によるBass Boost機能を備え、低域を最大約6dB増強できる。

出力端子は3.5mmシングルエンド/2.5mmバランスを搭載。3.5mmシングルエンドの出力は220mW(16Ω負荷時)/120mW(32Ω負荷時)、2.5mmバランスの出力は344mW(16Ω負荷時)/200mW(32Ω負荷時)となる。

各端子に挿入検知機能を備え、端子ごとに適切な回路構成へと切り替えでき、バランス駆動時にはフルバランス構成の回路に切り替わり、より高出力とセパレーションを得られるとしている。

USB Type-C端子を装備し、バスパワー駆動に対応。過電圧保護回路と二重の電源ノイズフィルターを実装し、デジタル/アナログ回路それぞれに専用の電源共有を行うことでクロストークを大幅に改善したという。

ライン出力レベルは2.0Vrms、対応インピーダンスは16 - 150Ω、S/N比は120dB以上、THD+Nは0.002%以下となる。周波数特性は20Hz - 20kHz。本体サイズは70.2×58×22mm、質量は82g。

E10K Type-Cでは、新たにUSB Type-C入力端子を採用し、利便性向上とともにUSBコントローラーを大幅に強化したとする。XMOS製「XUF208」を採用、また本機ではUSBオーディオクラス 2.0に対応し、最大PCM 384kHz/32bitまでサポートする。なおDSD再生は非対応。

DACチップはTI製「PCM5102」を採用。内部のデジタルフィルターは最適化を図り、アンプ回路に高速かつ低歪みで大出力電流のオペアンプを搭載し、音質向上と高い応答性、優れた出力/過渡特性を実現したとする。

フロントパネルにボリューム可変の3.5mmステレオヘッドホン出力、リアパネルにボリューム固定の3.5mmステレオライン出力を装備。RCA同軸(最大192kHz/24bit)のデジタル出力も備えており、DDコンバーターとしても使用可能。

電源スイッチを兼ねた大型ボリュームノブを搭載。2段階のゲイン切り替え、Bass Boost機能も備える。

対応インピーダンスは16 - 150Ω、周波数特性は20Hz - 20kHz、THD+Nは0.006%以下。S/N比/ノイズフロア/クロストークはそれぞれ、ヘッドホン出力の場合114dB/7.8μV/74dB、ライン出力の場合116dB/3.3μV/95dBとなる。本体サイズは79×49.1×21mm、質量は78g。