コペックジャパンは、新たに中国のイヤホンブランド・FIDUEの取り扱いを開始。4BAドライバーイヤホン「GEM 4」を本日9月3日より発売した。価格は59,950円(税込)。

高音域/中音域/低音域それぞれに適した特性のBAドライバー計4基を割り当て、それらを精密な周波数分割回路で調整。「甘い高域、正確な中音域、力強い低音を実現」したというモデル。

ダイナミック型+BA型ハイブリッドイヤホンを手掛けてきたブランドのノウハウを活かしたチューブレス/独立チャンバーデザインを採用。各ドライバーを独立したサウンドキャビティモジュールで完全に分離することで、ドライバー間のクロストークを大幅に低減、音をより自然に再生できるという。また、不要な高調波の発生原因となるチューブやダンパー(フィルター)も排除している。

さらに、筐体内の空気の流れを制御する独自技術「I.A.G.(Independent Airflow Guiding)モジュール」を搭載。完全密閉型のデザインに起因する不要な共振を抑制し、一般的なBA型イヤホンでは得られないパワフルでエネルギッシュなサウンドが楽しめるとのこと。

I.A.G.モジュールや複雑な音響キャビティの製造にあたっては、イヤホンの軽量化と精度の違いによる音響誤差を低減するため、医療用高精度3Dプリントプロセス「DLP+」を採用。また、筐体デザインはブランドが長年蓄積してきた人間工学に基づく設計データを元に、より装着感と遮音性を高めたとしている。

ほか、2pinコネクターによるケーブル着脱にも対応。付属品として、4芯銀メッキケーブル、装着感/サウンドの異なる2種類のシリコン製イヤーピース計7ペア、レザーキャリングケース、6.3mmプラグ変換アダプター、航空機用アダプター、クリーニングツールが同梱する。

再生周波数帯域は10Hz - 41kHz、インピーダンスは50Ω、感度は112dB、最大入力は50mW。質量は片側約5g。