Amazonは、従来より40%性能を向上させ、アプリの起動や切り替えなどがより高速かつなめらかになったというFire TVシリーズの新機種「Fire TV Stick 4K Max」を発表。価格は6,980円(税込)で、本日より予約受付を開始した。出荷開始は10月7日(木)を予定している。

また、10月7日(木)までの期間限定で、Fire TV Stick 4K MaxとバッファローのWi-Fi 6対応ルータ「WSR-1800AX4S」をAmazon.co.jpにて12,780円(税込)でセット販売する。

1.8GHzクアッドプロセッサーと2GBのRAMを搭載。これにより、アプリの起動がより速く、コンテンツ検索やアプリの切り替えがより滑らかになったという。

また、Fire TVシリーズで初めてWi-Fi 6に対応。高精細な4Kビデオコンテンツを滑らかに再生できるだけでなく、Wi-Fi 6に接続した複数のデバイスでストリーミング再生する際にも安定した接続が可能になった。

コンテンツ面では、従来から引き続き4K Ultra HD、Dolby Vision、HDR10、HDR10+およびDolby Atmos対応のスピーカーシステムに対応。また、付属リモコンは最新のもので、Alexa対応音声認識リモコンに4つのアプリボタンを搭載することにより、該当のアプリをリモコンから直接起動することができる。なお、従来通り、音声でのコンテンツ検索や、対応するテレビやサウンドバーなどの電源やボリュームを操作することもできる。

Netflix、YouTube、Prime Video、Disney+、Hulu、Paraviなどの各種映像配信サービスにももちろん引き続き対応。YouTubeやTVer、ABEMAを利用した無料コンテンツの視聴や、リアルタイム配信のニュース、DAZNでスポーツ中継、Amazon MusicやApple Music、Spotifyなどからお気に入りの音楽やプレイリスト、ラジオやポッドキャストを楽しむなどといったことができる。