ミックスウェーブは、同社が取り扱うUnique Melodyより、静電型+新たな骨伝導ドライバー搭載のクアッドハイブリットイヤホン「MEST MKII」のユニバーサルモデル、およびカスタムIEMを9月22日より発売する。価格はオープンだが、ユニバーサルモデルが税込198,000円、カスタムIEMが税込234,700円での実売が予想される。

「MEST MKII」は、骨伝導ドライバーをはじめ4種類の異なるドライバーを採用したクワッドハイブリッド構成のユニバーサルイヤホン「MEST」シリーズの第二世代モデル。低域をカバーするダイナミック型1基と、バランスド・アーマチュア(BA)型を中高域に2基、高域に2基、静電型を超高域に2基、そして骨伝導ドライバー1基を用いた8ドライバー構成を採用する。

本モデルでは両面多層圧電セラミックス骨伝導ドライバーを使用。従来は片面だったが、振動版を何層にもなったセラミックスの薄膜で挟んで両面から振動させることが可能となっている。またドライバーをフェイスプレートとサポートプレートで挟み込むことで、フェイスプレートとの接地面積を拡大。これにより振動伝送効率が大幅に向上し、従来は中高域までに割り当てられていた骨伝導ドライバーをフルレンジで使用可能とした。

筐体にはカーボンシェルを採用。通常のアクリル筐体よりも軽量で、骨伝導ドライバーの振動も効率よく届けられるとアピールする。また複雑に配置されたカーボンファイバーが光を乱反射することで、見る角度によって異なる印象をもたらすデザインに仕上げられている。

フェイスプレートには、新たに金属ベントを採用。ベントホールから筐体内に流れる空気量をコントロールすることで、ダイナミックドライバーのポテンシャルを最大限発揮すると説明。また金属製にしたことにより、ハンドメイドによる左右差を少なくし、ベントホールの影響によるサウンドの差を抑えたとしている。

付属品には、同ブランドのコーポレートカラーでデザインされたDignis製のオリジナルレザーケースを用意。ケース内部には、持ち運び中にイヤホンの本体同士が接触して傷がつかないようにギミックが施されている。そのほか、OCC銅導体のケーブルやイヤーチップを付属する。

周波数特性は20Hz - 70kHz、感度は112dB@1kHz、インピーダンスは12.3Ω。付属ケーブルの長さは約122cm。イヤホン端子はCustom 2pin端子、入力端子に3.5mmミニ端子を備える。

さらに本モデルの発売と合わせて、同ブランドのユニバーサルモデル/カスタムIEMを所有する方を対象に、カスタムIEM「MEST MKII Custom」を優待価格で購入できるキャンペーンを9月22日から10月31日まで実施する。

所有するイヤホンの本体内側に刻印されているシリアルナンバーを、MEST MKII Custom注文時にオーダーフォームの備考欄に記入すれば、優待価格として税込214,700円にて購入できる。対象店舗は以下の通り。

■キャンペーン対象店舗

・e☆イヤホン 秋葉原店

・e☆イヤホン 大阪日本橋本店

・e☆イヤホン 名古屋大須店

・e☆イヤホン 梅田ES店

・フジヤエービック