パナソニックは、4K液晶テレビ“4Kビエラ”新モデルとして、キャスター付きスタンドによって様々な場所に移動させて視聴できる“レイアウトフリーテレビ”「TH-43LF1」を10月22日に発売する。サイズ展開は43型の1モデルのみで、オープン価格だが税込24万円前後での実売が予想される。

■業界初の4Kワイヤレス伝送でレイアウトフリーなテレビを実現

テレビチューナー部とモニター部を別体にし、ディスプレイ部はキャスター付きスタンドを一体型にしたスタイルを採用。独自方式の無線伝送によって、チューナーで受信した4K放送や地デジ放送をワイヤレスでモニター部に伝送できる。

一般的に、テレビを設置する際には自宅の部屋のどこにアンテナ端子が配置されているかが大きく影響し、アンテナ端子のそばにテレビを設置することが多い。一方で、今回の「TH-43LF1」はチューナー部だけをアンテナ端子のそばに置けばよいため、モニター部はアンテナ端子の位置に縛られず自由な場所に設置できる。

また、モニター部にはキャスター付きのスタンドを装備。リビングからダイニングスペース、キッチンや寝室など宅内の様々な場所に移動させてテレビやネット動画を見たり、リモート会議でのモニターとして活用するなどといったことができる。

なお、スタンドのキャスターにはロック機構などは装備しない。地震への対応力としては「テレビ台に真空状態で吸着する転倒防止スタンドを採用するモデルほどではないが、一般的なテレビと同程度には倒れにくいようになっている」(同社スタッフ)という。

モニター部の電源ケーブルの長さは3mで、宅内のコンセントから遠い場所にも移動できるよう配慮。また、コンセントとケーブルがはずれやすいマグネット式コンセントを付属させることで、ケーブルに足を引っ掛けてしまった場合などでもすぐにコンセントが抜け、転んだりしてしまわないよう安全面に配慮している。

前述のとおり、チューナー部とモニター部は独自の無線伝送技術でワイヤレス接続。チューナー部は4Kチューナーを2基、地デジ/BS/110度CSチューナーを3基搭載しており、民生用テレビとして業界で初めて4K放送の無線伝送技術を搭載した。無線伝送では、通信環境を判断しながら5GHz帯と2GHz帯を自動で切り替えることで安定した伝送を実現しているという。

また、無線伝送においては“プライベートビエラ”で培ったアンテナ設計ノウハウや転送レート自動変換機能、レコーダーの“ディーガ”で培った高画質圧縮技術を活用。同社が行ったテストでは、重量鉄骨造の戸建てでチューナーを1階に設置し、モニターを2階に持っていってもテレビ番組を問題なく視聴できたという。なお、リモコンはモニター部に向かって操作するスタイルとなり、チューナーを設置している部屋まで戻る必要はない。

■各種ネット動画サービスにも対応

録画機能も備え、チューナー部には容量2TBのHDDも内蔵。4K放送ならDRモードで約130時間、長時間モードで最大約1,560時間、地デジはDRモードで約254時間、長時間モードで約2,700時間録画できる。2番組同時裏録にも対応しているが、4K放送のダブル録画のみ非対応となる。

なお、BDレコーダーやゲーム機などをチューナーに接続しても、そうした外部機器からの映像はワイヤレス伝送できない。同様に、USB-HDDを増設してテレビを録画し、ワイヤレス視聴するなどといったことにも対応しない。モニター部にもHDMI端子を備えているため、これらの外部機器を使いたい場合にはモニター部に接続して利用する。

NetflixやAmazon Prime Video、YouTubeなど、各種ネット動画サービスにも対応。発売後10月27日のアップデートによって、Disney+にも対応する。もちろん4K対応の配信サービスでは4Kコンテンツを本機で視聴できる。

本体色は白を基調にすることで、リビングに溶け込むデザインとなるよう配慮。部屋の真ん中に置いても空間にフィットするよう、背面の質感やコード収納部にまでこだわったデザインにしているという。

リモコンも本体色に合わせてホワイトカラーを採用。好きなアプリを登録できる「マイアプリ」ボタンや、Netflix/Disney+/Amazon Prime Videoをすぐに起動できる「ネット動画ダイレクトボタン」を備えている。

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」を利用してのスマホ連携にも対応。スマホ内の写真や動画を本機に映したり、外出先からスマホで録画予約したり、リモート視聴によってスマホでテレビを楽しむなどといったことができる。

なお、本機のために、どこでもディーガアプリに「電源操作」と「音量調整」機能を追加。スマホをリモコン代わりに利用できる。

■HDMI端子は2系統とも4K60P対応

画質面は、同社が4Kスタンダードモデルと位置づける「JX750シリーズ」相当で、「オートAI画質」などの各種高画質機能を搭載。HDRはHDR10/HLG/Dolby Visionの3方式に対応する。液晶パネルは等速駆動となる。なお、JX750はVAパネルであるのに対し、本機はIPSパネルを採用している。

画面サイズを43型に抑えた理由は「画面を大きくすると、そのぶんスタンドも大きくする必要があり、そうなると移動させやすさが犠牲になることからの判断」(同社スタッフ)だとのこと。「できるだけモニターを自分の近くに持ってくることも可能なため、数字以上に大画面だと感じる使い方もできる」とも説明した。

スピーカーは画面下向きにフルレンジスピーカーをステレオで搭載し、総合出力は20W。モニター部とチューナー部それぞれに各種端子類を備え、モニター部にはHDMI端子を2系統、およびUSB3.0とイヤホン端子を1系統ずつ装備。HDMI端子は2系統とも4K60P対応で、「HDMI 2」側はeARC/ARCにも対応している。

チューナー部には前面にUSB2.0、背面にUSB3.0とLAN端子を装備。背面にはHDMI出力も備えているが、こちらは機器設定用となり、放送視聴、再生には使用できない。

そのほか、works with OK Googleとworks with amazon alexaにも対応。スマートスピーカーと連携しての音声操作が行える。

■新機能「音声プッシュ通知」も発表

本機の発表に合わせ、IoT対応家電と連携する新機能「音声プッシュ通知」サービスも発表。IoT対応家電と連携することで、洗濯や調理の動作終了のお知らせや部屋の温度上昇などの情報を、テレビ画面へのテキストと音声でアナウンスする。また「ゴミの日」や「薬の時間」なども登録できる。

本機能の利用にはCLUB Panasonic IDが必要だが、無料で利用可能。もちろん本機「TH-43LF1」もサービスに対応している。

なお、本機以外のビエラも、2021年モデル(JZ2000/JZ1000/JX950/JX900/JX850/JX750)がアップデートによって対応。10月5日に対応アップデートを提供予定だという。また、現時点では発表されていない、2021年度冬発売予定のプライベートビエラも対応予定だとしている。