エミライは、同社が取り扱うFiiOのイヤホン “FDシリーズ” より、上位モデルで採用した新技術を取り入れた中核モデルのダイナミック型イヤホン「FD3」「FD3 PRO」の2モデルを10月1日より発売する。価格はどちらもオープンだが、税込で「FD3」が税込13,200円、「FD3 PRO」が税込18,700円での実売が予想される。

両モデルは、1.5テスラの磁束密度の強力なマグネットと、ダイコク製超微細銅クラッドアルミニウム線使用のボイスコイルを組み合わせたという新設計の12mm大口径ダイナミックドライバーを1基搭載。振動板には上位モデル「FD5」同様に、不要な歪みを低減し、優れた過度応答特性を備えるというDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)振動板を採用している。

FD5で初めて採用され高い評価を得たとする、異なる帯域間の時間遅延に伴う問題を解決するための機構「アコースティック・プリズム・システム」を本モデルでも搭載。スピーカー分野において音響調整に用いられる技術を発展させ、高域定在波の排除や、音波の拡散性を全域にわたって強化されるという。同社では、「シングル・ダイナミックドライバー搭載のFDシリーズより、上位モデルFD5で採用された新技術を多く取り入れた同シリーズの中核を成すモデル」だと説明している。

また、同社独自のセミオープン構造により、キャビネット内の圧力を効果的に排出することで、ドライバーの動きをスムーズにしてより自然な音をもたらすと説明。音質面だけでなく、耳道内の内部の空気圧バランスを取ることで聴覚を保護し、鼓膜への圧力を低減することで長時間のリスニングが可能になったという。

音道管は上位モデルと同じく交換可能型が採用。高域重視に推奨される内径の大きい黒チューブや、バランス重視の内径の小さい赤チューブなど、内径の異なる2種類の音道管を交換することで、環境や好みに合わせたサウンドコントロールが行えるとしている。なお、標準では内径の小さい赤チューブが取り付けられている。

外観は、フェイスプレートに2.5Dフィルムコーティングガラスで覆われたセルロイドパネルを採用し、高級感と透明感が溢れるルックスを実現とアピール。また、ボディはアルミニウム・マグネシウム合金製となっており、5軸CNC加工と手磨きを組み合わせた工程にて製造。これにより、精密加工の高密度さと、職人の手による繊細なタッチが融合し曲線基調のシンプルで美しい外観を備えるとしている。

両モデルの違いは付属ケーブルの種類の違いとなっており、FD3は高純度単結晶銅線を4本組でトータル120芯使用したMMCXコネクタ採用ケーブルが付属。同ケーブルには金メッキが施されたL型3.5mmのステレオミニプラグを備えている。FD3 PROには、銀メッキ処理を施した8本組高純度単結晶銅製ケーブルが付属。2.5mm/3.5mm/4.4mmの3種類のプラグを自由に交換が可能。ケーブル長はどちらも約120cmとなっている。

日本オーディオ協会のハイレゾ・オーディオ認証を取得。再生周波数帯域は10Hz - 40kHzで、感度は111dB@1mW、インピーダンスは32Ω@1kHz。

付属品として、「バランス重視」「低音重視」「ボーカル重視」の3種類のイヤーチップをS/M/Lで用意。そのほか、フォームイヤーチップを2ペア、交換用音導管を1ペア、クリーニングブラシ、キャリングケースなどを同梱する。

さらに、2.5mm/3.5mm/4.4mmプラグ交換式のMMCXイヤホンケーブル「LC-RC」を別売りで同じく10月1日より発売する。価格はオープンだが、税込9,900円での実売が予想される。

高純度の銀メッキ単結晶線を19芯使用したケーブル8本を、ドイツ製シースルブラックTPUによって個別に絶縁した上でタイプ2リッツ線構造で編み込んだという、計152本の高品位導体を採用。これにより、表皮高価などの悪影響を最小限に抑え、線材の抵抗を減らすことで信号を損失のない状態で導通させることを可能にし、高音域における解像度の向上を実現するとしている。

交換式ヘッドホンプラグを採用し、ニーズに応じて端子の交換が可能。交換用端子はストレートタイプの3.5mmシングルエンドプラグ/2.5mmバランスプラグ/4.4mmバランスプラグの3種類が用意されている。また、コネクター部分にはケーブルの左右が一目で分かるよう青(左)と赤(右)のマークが付いており、使いやすさが追求されているという。

ケーブルのアウターシースには環境に優しいドイツ製のTPU素材を採用。肌触りも良く長時間の使用でも黄変しにくく、低温環境下でも硬くなりにくいという特長も備えているとしている。