ボーズは、ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「QuietComfort Earbuds(以下、QC Earbuds)」の最新ソフトウェアバージョン 2.0.7を、本日9月24日にBose Musicアプリにて提供開始した。

本アップデートにより、QC Earbudsの性能と機能が強化される。ノイズキャンセリング機能は、0から10まで11段階あるノイズキャンセリングレベルのうち、最大の10と最小の0をデフォルトに設定。名称も変更し、消音効果が最も高い10レベルは「Quidtモード」、外音を聞くことができる0レベルは「Awareモード」とする。

Awareモードでは新たに、デジタル信号処理とイヤホン内蔵マイクを利用した「Bose ActiveSenceテクノロジー」と併用して機能する。

Bose ActiveSenceテクノロジーは自動で外音取り込み環境を調整する技術。周囲の環境音を取り込んで再生しながら、不意に聞こえる騒音などが生じたときのみ、ノイズキャンセリングレベルを上げて軽減、騒音がなくなると再び周囲の音を取り込むようになる。

さらに、好みのノイズキャンセリングレベルを設定して保存できる新モードを搭載。Commute(コミュート)、Focus(フォーカス)、Home(ホーム)、Music(音楽)、Outdoor(アウトドア)、Relax(リラックス)、Run(ランニング)、Walk(ウォーキング)、Work(ワーク)、Workout(ワークアウト)など、さまざまな利用シーンに合わせて保存することが可能となる。

設定したモードのうち2つはショートカットとして追加でき、左側のイヤホンをダブルタップすることでアクセス可能。どのモードを利用しているかは音声ガイドで確認できる。

音楽機能面では、新たに「Spotify Tap」に対応。左側のイヤホンを長押しすると、前回聴いていたコンテンツやパーソナライズされたプレイリストにアクセス可能となる。EQ機能も追加され、低音/中音/高音の音質を調整できる。

また、過去にペアリングしたデバイスを最大7台まで記憶可能となり、切り替えも容易に行えるとしている。