ディズニーは、映像配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」において、TBSが放映したドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」を10月27日より配信する。

10月27日からDisney+に新コンテンツブランド「スター」が加わることに合わせて、「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」も同ブランドから配信。スター初の国内ドラマであり、また、日本で制作されたドラマの世界配信はディズニーとして初の試みとなる。今後、ディズニーとTBSは、継続的に同様の取り組みをすることで合意したという。

ウォルト・ディズニー・ジャパン社長のキャロル・チョイ氏は「TBSは、これまでディズニーの映画を放送いただくなど、我々にとって長きにわたり大切なパートナーです。その関係をさらに進化させ、TBSが生み出す優れたコンテンツを国内はもちろんのこと世界中の消費者へとお届けしていきます」とコメント。「今後もディズニープラスでは、国内のクリエイターたちと協力しながら、日本のコンテンツの配信を積極的に行い、世界に日本のクリエイティブ力を発信していく役割を担っていきます」と述べている。

また、同ドラマで主演を務める鈴木亮平さんは「『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』がディズニープラスのスターで配信されると聞き、大好きな『アベンジャーズ』や『トイ・ストーリー』などの作品と並べることをとても嬉しく思っています」とコメント。「この作品が、今後、世界に配信されより多くの方にご覧いただけることに期待が膨らみ、ワクワクしています」と語っている。