オーディオテクニカは、ゲーミングヘッドセット「ATH-GDL3」「ATH-GL3」を10月22日から発売する。価格はオープンだが、ATH-GDL3は15,000円前後(税込)、ATH-GL3は12,000円前後(税込)での実売が予想される。

本日9月30日から開催の「東京ゲームショウ2021 オンライン」に合わせて発表された製品。“おうち時間”の増加にともない高まっている、多目的に長時間でも快適に使用できるヘッドセットへのニーズに対応したというモデルで、「ゲームプレイはもちろん、e-Sport観戦から音楽/動画視聴、通話などのコミュニケーションツールとしても活躍」するとアピールする。

ATH-GDL3は開放型ヘッドセット。広い音場表現により明確な音の定位を実現し、FPSゲームであれば音で周りのプレーヤーの位置を把握することが可能だとしている。質量は約220g。

ATH-GL3は密閉型ヘッドセットで、高い遮音性により微細な音もしっかり聴きとることができ、没入感のあるゲームプレイが楽しめるとしている。質量は約230g。

いずれも新規設計のφ45mmドライバーを搭載。これにより音の細部まで高解像度に再現できるとしている。

また、上述の通りいずれも軽量な本体設計とし、人の耳に最適化したデザインを取り入れることで、頭や首、肩へのストレスを軽減。長時間の使用にも疲れづらいとする。

イヤーパッドとヘッドパッドは肌触りの良い素材を用いることで、快適な装着感を実現。ヘッドパッドは取り外し可能で、汚れなどが気になる際には水洗いも可能だ。またイヤーパッドの内側にはL/Rの識別表示を施し、漢字を摸したユニークなデザインに仕上げたとする。

マイク部はプロ品質のブームマイクを採用。可動域が広いため、頭の大きさに関係なく確実に声を収音できるとする。クリアな通話品質で、ゲーム中のコミュニケーションだけでなく、テレワークやオンライン授業にも適するとしている。

ブームマイクは取り外しも可能。左側ハウジングに部に備えたスイッチにより、音量調整とマイクミュートのON/OFFを操作できる。

付属品は共通して、着脱可能な2本のケーブルを用意。PS5やXbox Series Xなどのゲーム機器向けに3.5mm ステレオ4極ミニプラグを備えた1.2mケーブル、PC向けに3.5mmマイクプラグと3.5mmステレオ3極ミニプラグを備えた3.0mケーブルを同梱する。ほかウインドスクリーンも付属。

仕様も共通しており、周波数特性は10Hz - 35kHz、インピーダンスは45Ω、出力音圧レベルは98dB/mW。本体色にはいずれもブラック/ホワイトの2色を用意する。

パッケージデザインには、オーストラリア在住のイラストレーター兼アーティスト、ヨシダ・ケンタロウ氏を起用。ATH-GDL3のパッケージは広々とした臨場感あるサウンドを「空気のエレメント・パワー」をモチーフに、ATH-GL3は解像度の高いサウンドを「大地の力」をイメージしてデザインされているとのこと。