ラディウスは、最大384kHz/32bitのハイレゾ再生に対応したDAC搭載小型ポータブルヘッドホンアンプ「RK-DA60C」を、10月中旬より発売する。価格は8,250円(税込)。

USB-C接続に対応したDACを搭載するポータブルヘッドホンアンプ。前モデルの「RK-DA50C」が最大192kHz/24bitまでの対応だったのに対し、本モデルでは384kHz/32bit対応へと性能を高めている。ほか、再生周波数帯域も20Hz - 90kHzから20Hz - 160kHzに、最大出力も57.6mW+57.6mWから66.8mW+66.8mWへとスペックを向上させた。

チップには「CX31993」を採用しており、DACを左右のチャンネルに1基ずつ搭載することで、左右のセパレーションが確保され、よりクリアな音質と空間表現を提供できるという。またCX31993は単体でUSB入力からヘッドホン出力までの信号処理を行うため、同チップの採用によって効率的な基板設計および小型化が可能になり、質量6gの小型・軽量設計を実現した。

ポータブルアンプとしてはG級ヘッドホンアンプを採用する。入力された信号レベルが低い時には電源電圧を落としてヘッドホンへ供給する電力を抑え、信号レベルが高い時には電源電圧を上げてより多くの電力を供給することで、接続先機器の消費電流を低減。最適化された電源電圧を使用することで、出力の音量を問わず常に高音質な音楽を提供するとしている。また本体はバスパワー駆動のため、充電不要で動作する。

ケーブルには銀メッキを施した単結晶銅ケーブルを採用。イヤホン端子として3.5mmステレオジャックを搭載しており、イヤホン・ヘッドホンのリモコンの有無を接続時に判別する機能を備えるほか、チップに内蔵する制御インターフェースにより、PCやスマートフォンに接続した際のリモコン操作が可能。イヤホンマイクからの音声を最大96kHz/24bitで入力可能なADCを搭載し、クリアで高音質な通話が可能とアピールする。

THD+Nは≧0.001%、S/Nは