エミライは、同社が取り扱うFiiOのイヤホン “FDシリーズ” より、フラグシップモデル「FD7」「FDX」を10月15日(金)より発売する。いずれも価格はオープンだが、FD7は税込79,200円前後、FDXは税込107,800円前後での実売が予想される。

FD7は、同シリーズ「FD5」に代わるフラグシップモデル。1年以上の歳月を掛けて開発したというピュア・ベリリウム素材の12mmダイナミックドライバーを1基搭載。高い剛性、防振特性など多くの点で非常に優れた物性を備えるピュア・ベリリウムを振動板に採用することで、広大なサウンドステージ、極めてナチュラルな高域の伸びなど、これまで同社が採用してきたダイナミックドライバーでは実現し得なかったサウンドを具現化しているとアピールしている。

FD5に引き続き、振動板の前端近くに円錐状のディフューザーを設置することで、放たれた音波の音導管内での伝わり方をコントロールする「アコースティック・プリズム・システム」や、背面部に装備することで低域の定在波や歪みを低減し、拡散性を全体的に改善する「ボルカニック・フィールド」を搭載。新たにセミオープン構造を採用することで、鼓膜に掛かる圧力を緩和し、より快適で長時間のリスニングを可能にするとしている。

音導管もFD5同様に交換可能で、バリエーションは過去最多となる大/中/小の3サイズを同梱する。大サイズの音導管は広大なサウンドステージを、中サイズはバランス重視のサウンドを、小サイズは低域を重視したサウンドを特徴としており、ユーザーの好みや使用環境に合わせてチューニングできるようになっている。

再生周波数帯域は10Hz - 40kHzで、感度は111dB@1mW、インピーダンスは50Ω@1kHz、最大入力は100mW。

ケーブルは合計224本の高純度単結晶純銀素材をTPU被覆で絶縁し、4本に編み込んだMMCXリケーブルを付属。プラグ部は2.5mm/3.5mm/4.4mmの3タイプに交換可能で、さまざまなソース機器で理想的な再生を実現できるとする。

片側の質量は約11g。シリコン製イヤーチップは低音重視型/バランス重視型/ボーカル重視型と3種類用意するほか、SpinFit製イヤーチップを含む4タイプをそれぞれ3サイズ(S/M/L)付属。別途トリプルフランジ・イヤーチップをS/Lサイズ、フォームイヤーチップを2ペア、クリーニングブラシ、キャリングケース、MMCXアシストツールなどを同梱する。

FDXは、ブランド14周年を記念した世界限定1000セットのリミテッド・エディションモデル。FD7をベースモデルとしているためドライバーはじめ基本構成は同一だが、シェルには24純金メッキ仕上げを施し、フェイスプレートには合計60個のイミテーションダイヤモンドが嵌め込まれた豪華仕様となっている。

付属ケーブルも特別仕様のものが用意されており、高純度の金メッキ銅、銀メッキ銅、銅の芯線を採用した、4本組240芯線のハイブリッド編組MMCXリケーブルを同梱。プラグ部は2.5mm/3.5mm/4.4mmの交換が可能となっている。その他、シリアルナンバーが刻印されたプレートと共に、卓越した熟練の技に対するFiiOの希求を表現したという専用の木製ケースが付属する。