JVCケンウッドは、ビクターブランドより、独自の“木”の振動板を完全ワイヤレスイヤホンで初めて搭載することで、有線ハイクラスイヤホン相当の高音質を実現したというモデル「HA-FW1000T」を発表。11月上旬から発売する。オープン価格だが税込39,600円前後での実売が予想される。

“WOODシリーズ”として同社がJVCブランドやビクターブランドの有線イヤホン/ヘッドホンで展開してきた“木”の振動板を、完全ワイヤレスイヤホンに初投入。「有線ハイクラスイヤホンの本格的な高音質を楽しめる完全ワイヤレスイヤホン」をコンセプトに開発したとしており、有線ハイクラスイヤホンと同じグレードの素材と技術を投入した大口径11mmウッドドームカーボンドライバーを搭載することで、“本格的な高音質”を実現するとアピールしている。

“木”は音の伝搬速度が速く、振動の減衰特性に優れ、振動板として理想的な素材だと同社は説明。“木”を加工したウッドドームをカーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、伝搬速度と減衰特性を向上。ウッドドームカーボンドライバーには大口径11mmのウッドドームカーボン振動板に加えて、ステンレスドライバーケースなどの有線ハイクラスイヤホンと同じグレードの素材と技術を投入している。

ノイズキャンセリング機能も搭載。二つのマイクを採用したハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能に加えて、高いノイズキャンセリング効果を得られるという最新ノイズキャンセリング技術Qualcommアダプティブノイズキャンセルを採用している。

同技術では、耳への装着状態を常にモニタリングすることで、装着がずれても自動でノイズキャンセリングレベルを補正。いつでも安定して高いノイズキャンセリング効果を得られるようにしている。

さらに、イヤーピースも新開発「スパイラルドットProイヤーピース」を付属し、これによってパッシブのノイズキャンセリング効果も高めている。なお、通話時にもノイズキャンセリング機能をオンにできるため、外出時などの騒がしい環境下でも快適に会話できるともアピールしている。

ワイヤレスでの音楽信号伝送においては、独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスイヤホンに初めて搭載。圧縮・劣化したデジタル音源の高周波数帯域、微小信号に拡張処理を施し、オリジナルマスターに迫るクオリティでハイレゾ相当の高音質を再現するという。なお、イヤホン側でコーデック種類を判別して信号処理を行うため、接続する機器を選ばずに本技術の効果を得ることができる。

Bluetoothのコーデックは、SBC、AAC、aptXに加え、96kHz/24bitまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックaptX Adaptive audioに対応。aptX Adaptive対応のスマートフォンやプレーヤーとの接続時に、より高音質でのワイヤレス伝送が行える。

左右独立伝送技術Qualcomm TrueWireless Mirroringに対応。また、Bluetooth Ver.5.2およびPower Class 1に対応するとともに、高性能LDSアンテナを採用することでも、ワイヤレス接続の安定性を高めている。

前述のとおり、イヤーピースは新開発の「スパイラルドットProイヤーピース」を採用。5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)を付属する。

同イヤーピースでは、内壁にスパイラル状にドットを配列することで反射音を拡散させ、直接音とのバランスを最適化することで、音のにごりを抑えてクリアなサウンドを実現する従来の「スパイラルドット」に、新たなスパイラル状の凸形状を追加。全体のフォルムもモディファイして、より繊細な音まで再現性を高めたという。また、やわらかいグレードのシリコン素材を採用し、装着感と密閉度も向上させている。なお、現時点では本イヤーピースの単品販売は予定されていない。

音楽制作現場のプロが認めた音であることを示す「Tuned by VICTOR STUDIO」ロゴも付与。ビクタースタジオのエンジニアが本機の音質チューニングに参加しており、JVCケンウッドの音響設計技術に、スタジオエンジニアの音に対する知見を注入している。

100段階のボリュームステップや装着センサーを新たに採用。本格オーディオ機器のように100段階で細かなボリューム調整が可能で、曲やシチュエーションに合わせて好みの音量にスムーズに調整できるようにしている。また、装着センサーによりタッチの誤操作を防止するともに、使用シーンに応じて適切な動作モードが自動選択されるようにしている。

マスク着用時の声のこもりを補正する「マスクモード」を新搭載。また、イヤホン本体側に通話マイクのオン/オフ機能を搭載し、接続機器側を操作することなく、簡単にマイクをミュートに切り替えできるようにするなど、テレワークでの利用にも配慮している。加えて、左右どちらでも片耳だけで通話できるほか、Qualcomm cVc ノイズキャンセルテクノロジーと高性能MEMSマイクも採用している。

ワンタッチで音楽の音量を下げるとともにマイクで外音を取り込むタッチ&トーク機能を搭載。そのほか、本体形状は耳に沿ったカーブを採用。広い面で耳と接触するボディ形状によって、快適で安定した装着感の実現を図った。

バッテリー性能は、本体のみで最大9時間の連続再生と、充電ケースによるフル充電を合わせて最大27時間の長時間再生を実現。また、10分の充電で最大1.5時間の再生が可能なクイック充電にも対応している。

そのほか、IPX4相当の生活防水仕様も採用。充電ケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入り、自動でワイヤレス接続できるオートオン&オートコネクト機能も搭載するほか、スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応している。

【問い合わせ先】

JVC ケンウッド カスタマーサポートセンター

TEL

0120‐2727‐87(固定電話からはフリーダイヤル)

0570‐010‐114(携帯電話からはナビダイヤル)

045‐450‐8950(一部 IP 電話)