東芝エルイートレーディングは、最大出力4Wのスピーカーや「音質モード」などを搭載したCDラジカセの新モデル「TY-CDS8」「TY-CDH8」の2機種を10月下旬より発売する。価格はいずれもオープンだが、「TY-CDS8」が税込8,000円前後、「TY-CDH8」が税込9,000円前後での実売が想定される。

同社のCDラジカセとしては6年振りのフルモデルチェンジとなり、従来機より様々な機能を向上させたとする。両モデルとも基本スペックは共通で、「TY-CDH8」のみリモコンが付属する。カラーバリエーションは「TY-CDS8」がホワイト/ピンク/グレーの3色、「TY-CDH8」はシルバー1色の展開となる。

スピーカーの実用最大出力は、従来の1.7W+1.7Wから2.0W+2.0Wへと強化。また、新たに「音質モード」を搭載し、音楽鑑賞に適したROCK/JAZZ/CLASSIC、および人の声が聞き取りやすくニュースや語学学習教材に適したFLATの計4つのモードから、好みや楽曲に合わせて選択できる。

ラジオはFM1/FM2/AMを切り替えることが可能で、各放送ごとに5局ずつ、計15局まで「お好み選局ボタン」に登録して呼び出すことが可能。なお、FM1/FM2はどちらを選んでも聴くことができる放送局は同じであり、「お好み選曲ボタン」へ放送局を登録する際に使い分けるための機能となる。

そのほか、繰り返し再生可能な「A-Bリピート」、CDを10トラックずつまとめてスキップできる「+10スキップ」、電源を入れ直した際に前回停止した位置から再生する「レジューム再生」、最大120分までセットできる「スリープタイマー」など、多彩な機能が追加されている。

外観は、従来よりも奥行きを取らないコンパクトなデザインへ改良したとアピール。操作性や視認性の面でも改良され、大きくて押しやすい「デカボタン」や、テープ残量の確認に便利な「目盛り付きの大きなカセット窓」も新たに搭載。また、AC電源コードは、従来の製品後部から側面部分に移動されており、これにより奥行を取らずに置くことができるとしている。

消費電力は16W。再生可能ディスクはCD、CD-R/RW(CD-DAフォーマットで記録されたディスク)。受信周波数はAMが531kHz〜1,710kHz、FMが76.0MHz〜108.0MHz(ワイドFM対応)。また、3.5mmマイク入力/外部入力/ヘッドホン出力をそれぞれ1系統ずつ搭載する。