TVS REGZAは、新4K衛星放送チューナーを搭載したBlu-rayレコーダー“4Kレグザブルーレイ”「4KZシリーズ」3モデルを、2021年11月下旬より順次発売する。いずれも価格はオープン。

【2021年11月下旬発売】

・4TB HDD内蔵モデル「DBR-4KZ400」(予想実売価格:137,500円前後)

【2022年1月発売】

・6TB HDD内蔵モデル「DBR-4KZ600」(価格未定)

・2TB HDD内蔵モデル「DBR-4KZ200」(価格未定)

指定したチャンネルの番組をまるごと自動で録画する全録機能「タイムシフトマシン録画」と、ユーザーが設定した好みのジャンル、出演者などの条件に当てはまる番組を自動で録画する「おまかせ録画」を組み合わせた、新たな録画機能「4Kハイブリッド録画」を搭載したモデル。

見たい番組が重なるゴールデンタイムは「タイムシフトマシン録画」で、その他の時間帯や新4K衛星放送の番組などは「おまかせ録画」でカバーすることで、ユーザーの好みによりマッチした番組を録画/視聴できるようになったとしている。

同社によれば、従来モデルで「タイムシフトマシン録画」がどのように利用されているか調査したところ、ユーザーの約98%が毎日19時〜翌午前1時までのゴールデンタイムに録画設定を行っていたとのこと。「4Kハイブリッド録画」はこの調査結果を受け、ユーザーの録画スタイルに柔軟に対応すべく開発したという。

搭載チューナー数は、タイムシフトマシン専用が地デジ×3、地デジ/BS/110度CS×3。タイムシフトマシン/通常録画兼用が地デジ/BS/110度CS×1。通常録画専用が地デジ/BS/110度CS/新4K衛星放送×2。タイムシフトマシン録画6チャンネルと通常録画2チャンネルの最大8チャンネル同時録画が可能で、新4K衛星放送は最大2番組同時に録画できる。

加えて、録画番組を好みのジャンルごとにサムネイル表示し、動画配信サービスに近いスタイルで探すことができる「おすすめ番組」UIを新搭載。録画番組を倍速やダイジェストのように再生できる「時短再生」、再生中に見たいシーンに飛べる「シーン検索」など、ユーザーに合わせて効率よく番組視聴ができる再生機能も搭載する。

また、ファミリー層を主眼に置いた丸みを帯びた従来のデザインを、同社テレビ“レグザ”と印象を統一した「スマートソリッドデザイン」へと刷新。金属の素材感や水平/垂直を基調としたソリッドな造形、必要最小限の情報だけを露出させるハーフミラーの前面パネルなど、ミニマルに仕上げている。

映像エンジンには、新開発の「レグザレコーダーエンジンRR1」を搭載。テレビ用映像エンジン「レグザエンジン」の録画/画質調整機能にレコーダー用のカスタマイズを施したものとなり、従来のレコーダー用映像エンジンに比べレスポンスも改善しているという。

主な機能としては、すべての映像信号を3,840×2,160 4:4:4 10bitまでアップコンバートする「4Kアップコンバート処理」、従来モデルで行っていた輝度高画質アップコンバート処理に加え、色信号の精細感の調整も行う「レゾリューションプラス for レコーダー」、ブロックノイズやモスキートノイズを抑える「MPEG NR」などを搭載。色合い、色の濃さ、黒レベルなどをユーザーが調整することもできる。

HDRはHLG/HDR10の2方式に対応するほか、「HDR(HLG)明るさ補正」によりHDRコンテンツごとに差異があるコントラストを最適化して表示できるとしている。

従来モデルから引き続き、テレビ“レグザ”との連携機能に対応。対応機種と組み合わせることで、レグザの高画質処理に最適な映像処理信号を送ることで映像性能を最大限に発揮する「レグザコンビネーション高画質」、クラウド上のデータベースから再生コンテンツに最適な画質処理を呼び出す「クラウドAI高画質連携」、レコーダー側の操作をレグザ側のリモコンから一括して行える「レグザリンク」などが利用できる。

全モデル共通して、録画メディアはBD-R/BD-RE/DVD-R/DVD-RW/HDD、再生メディアはUHD BD Video/BD Video/BD-R/BD-RE/DVDVideo/DVD-R/DVD-RW/CD/HDDをサポート。動画配信サービスはdTV/U-NEXT/Net.TVに対応。外形寸法は430W×59H×260Dmm。