LGエレクトロニクス・ジャパンは、プロジェクターシリーズ「CineBeam」の新モデルとして、4ch LED搭載のフルHDプロジェクター「PF610P」を11月上旬より発売する。価格はオープンだが、税込109,000円前後での実売が予想される。

RGB分離色とダイナミックグリーンの4つのLEDを備える独自技術「LG 4ch LED」、および鮮明度とコントラスト比の高いDMDパネルを採用する。従来のカラーホイール方式よりも、鮮明かつ豊かな原色を再現するとともに、レインボーノイズが抑えられることを特徴としている。

HDR映像ソースのコマごとのメタデータに従い、映像を最適化する「ダイナミックトーンマッピング」にも対応。従来の映像全体を通して均一なトーンマッピングとは異なり、フレームごと変化させることで、常に適した明るさや色彩を表現する。

30,000時間の長寿命なLED光源を採用しており、メンテナンスの手間がかからないだけでなく、従来よりも明るさの減衰も軽減される。また、垂直方向の自動台形補正や、4コーナーエッジ補正にも対応し、水平に設置できない場所や、壁面が歪みがある場合でも補正が可能だ。

機能面では、Wi-Fi接続(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)に対応し、webOSのインターネットブラウザや各VOD再生などが可能。対応VODは、YouTube/Amazon Prime Video/TSUTAYA TV/U-NEXT/JOYSOUND.TVのほか、Disney+も追加された。有線LANの接続も行える。

さらに、モバイルデバイスとのワイヤレス接続にも対応。同一のネットワークに接続することで、専用アプリ「LG TV Plus」を通して、保存されたコンテンツ再生や、簡易リモコンとしての利用が可能だ。MiracastやAirPlay2で画面をキャスト、ミラーリング、ストリーミングで表示/再生するScreen Share機能にも対応する。また、Bluetooth接続もサポートしており、ワイヤレスヘッドホンなどに音声を出力することもできる。

最大120インチの表示が可能で、その際の投写距離は3.18m。100インチであれば約2.65mで投写できる。明るさは1,000ルーメン。

端子は、HDMI×2、USB2.0×2、加えてヘッドホン出力と光デジタル出力、LAN端子(RJ45)を各1ポートずつ搭載。スピーカーは3W+3W(ステレオ)を備える。USB端子ではUSBデバイスのファイル再生や、USBキーボードを接続してのプラウザ検索や、文字入力など可能となる。消費電力は98W、外形寸法は225W×192D×73.5Hmm、質量は約1.65kg。