ウォルト・ディズニー・ジャパンは、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で、マーベル映画12作品をIMAX Enhancedで11月12日より配信する。

対象のマーベル映画12作品がIMAX Enhanced対応となり、IMAX版拡大アスペクト比の1.90:1で視聴が可能となる。一部の映像は最大で26%増加され、「映画制作者の意図したように、画面上でより多くのアクションが可視化されます」とアピールしている。

IMAX Enhancedは、ウォルト・ディズニー・カンパニー、 IMAXコーポレーションおよびXperi ホールディング・コーポレーションの完全子会社であるDTSが協力して提供する。この協力関係により、今後はディズニープラスにて、DTSが開発した没入感の高いIMAXの特徴的なサウンドなど、さらに充実したオーディオとビジュアル技術が提供できるようになるという。

IMAX Enhanced提供開始時に視聴できる12作品は以下の通り。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 ※11月12日(金)より配信開始

『ブラック・ウィドウ』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

『キャプテン・マーベル』

『アントマン&ワスプ』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

『ブラックパンサー』

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

『ドクター・ストレンジ』

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』