エミライは、同社が取り扱うFiiOのフラグシップDAC内蔵ヘッドホンアンプ「K9 Pro LTD」を、12月10日より発売する。価格はオープンだが、実売予想価格は税込92,400円前後。なお、完全限定生産品で日本向けの割り当て台数にも限りがあるため、数量限定モデルとして発売される。

長期にわたって開発が続けられていたというモデルで、DACには希少となったAKMのフラグシップチップ「AK4499EQ」を搭載。最大でPCM 384kHz/32bit、DSD 256の再生をサポートする。

アンプ回路にはFiiOとTHXで共同開発した「THX-AAA 788+」を2基搭載。DAC部からアンプ部まで完全バランス設計となっており、各コンポーネント間の干渉を最小限に抑え、音楽のディテールやダイナミズムを再現、圧倒的な音質を実現するという。

また、最新世代のXMOSチップ「XUF208」と2系統の超高精度水晶発振器を搭載し、デュアル・フェムトクロック構成を採用。USB/Bluetooth接続時にはアシンクロナス動作のデュアル・フェムトクロックを、光/同軸デジタル接続時は高精度PLLクロックを使用する精密なクロックマネジメントシステムにより、あらゆる種類のソースを容易に、かつ最大限の品質を確保して扱えるとしている。

SoCにはQualcomm製「QCC5124」を搭載し、BluetoothのコーデックはSBC/AAC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDAC/aptX Adaptiveをサポート。加えてMQAのレンダラー機能も搭載する。

内部は低ノイズ、低歪みを徹底したという基板分離レイアウトになっているほか、デジタル部とアナログ部で電源供給を完全分離。純度の高いクリーンなサウンドを実現しているとのこと。筐体はブラックアルマイト処理/サンドブラスト加工が施されたブラックアルミニウム合金で、ボリュームにはノイズ発生やギャングエラーを抑えられる「ADCボリュームコントロール」を採用する。

前面にはXLR4ピン、4.4mmバランス、6.35mmシングルエンドのヘッドホン出力端子を各1系統ずつ装備。背面にはUSB-B、4.4mmバランス、RCA、光/同軸デジタル入力と、XLRとRCAの出力端子を各1系統ずつ装備する。さらに側面にはUSB-C端子も備えている。

スマホ用アプリ「FiiO Control App」からの操作に対応するほか、3段階のゲイン切り替え機能も搭載。外形寸法は200W×77H×250Dmm(突起部含む)で、質量は2,750g。パッケージにはUSB-A to Bケーブルや6.3mm to 3.5mm変換アダプター、Bluetoothアンテナなどが付属する。