IC-CONNECTは、同社取り扱いブランドikko Audio(アイコーオーディオ)の新イヤホン「OPAL OH2」を12月24日より発売する。価格はオープンだが、税込9,900円前後で実売が予想される。

ハイエンドモデル「OH7」でも採用する高密度ナノカーボン薄膜技術を用いた、φ10mmダイナミック型ドライバーを採用。低価格帯のエントリーイヤホンながら、レスポンスが良く温かみのあるサウンドを実現し、低域から高域までしっかりと再生するとアピールする。

また、新たにマイクロ電流を最適化する「24K 無電解金メッキボード」を搭載。加えて、超低抵抗FPCと独自のキャビティ接続設計により、伝達速度をより効果的に向上させたとしている。

筐体には、同社ハイブリッドイヤホン「OH1S」と同様に、特許技術のSVAS(Separated Vector Acoustic System)を採用。限られたスペースの中で音量、反射、拡散角度などを精巧に計算して設計したとする音響デザインで、ドライバーユニットの性能を最大限に引き出すという。

また筐体素材には、金属素材と、透明度が高く環境にも配慮されたポリカーボネイト素材を使用することで、デザイン性とSVAS技術との融合を表現した、スタイリッシュな外観に仕上げたとする。また本体の軽量化も実現し、人間工学に基づいたエルゴノミックデザインで快適な装着感も両立するとしている。

付属品には6サイズのイヤピースと、3サイズの低反発ウレタンイヤピースを同梱。そのほか、革製ポーチ、MMXCの着脱アシストクリップ、銀メッキ単結晶銅線の3.5mmステレオMMCX着脱式ケーブルも付属する。

カラーバリエーションは、ホワイト/グレー/グリーン/ゴールド/パープルの全5色を用意。なお、パープルのみAmazon限定色となる。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは32Ω、感度は107db/mW。