ミックスウェーブは、同社が取り扱うCampfire Audioより、3BAイヤホン 「Holocene(ホロシーン)」と、ハイブリッドイヤホン「Mammoth(マンモス)」の2機種を、12月24日から発売する。いずれも価格はオープンだが、Holoceneが税込74,900円前後、Mammothが税込64,900円前後での実売を予想する。

いずれも、音に触れる「楽しさ」をテーマに、音質を追求することはもちろん、耳だけでなく目で見ても楽しめることにこだわったというモデル。イヤホン筐体のブランドロゴやイヤホンケーブルのコネクタ、プラグ部、イヤホンケースなど、さまざまなパーツに暗闇で光る蓄光加工を施し、使っていて楽しくなるようなデザインに仕上げたとする。

また共通して、筐体素材にはアルマイト加工のアルミニウムを、ノズル部はステンレススティールを採用。ベリリウム銅加工したMMCXコネクタを備え、リケーブルに対応する。

加えて独自の「ソリッドボディ設計」により、音導管やアコースティックチャンバーなどのパーツを単一のコンポーネントとして設計し、3Dプリンターで精密に成型。正確なサウンドチューニングを実現しているという。

付属ケーブルにはSmoky Glow Litz Cableを採用。純銅銀メッキ導体を採用したツイストデザインのケーブルで、MMCXコネクタとプラグの両方に蓄光加工を施すことで暗闇で光るデザインとなっている。長さは約120cm、イヤーガイドには熱処理で癖をつけたスリーブを採用し軽量化を図っている。

イヤーチップはシリコン/フォーム/E-typeの3種類を用意し、海洋プラスチックをアップサイクルした素材を用いたキャリングケースも同梱。一つ一つ見た目が異なる幾何学図形によるポップでカラフルなデザインと、蓄光素材を使用した新開発のジッパーを採用する。

Holoceneは、低/中/高域それぞれに1基ずつ、計3基のカスタマイズしたBAドライバーを搭載する3BAモデル。同ブランドのロングセラーモデル「Andromeda」を彷彿とさせるサウンドに仕上げたとしており、高域に少しアクセントを持たせたフラット寄りのチューニングや、スピード感のあるリッチな音質と高解像度の両立を図ったとのこと。

周波数特性は5Hz - 20kHz、入力感度は94dB SPL@1kHz:6.99mVrms、インピーダンスは5.4Ω@1kHz。

Mammothは、低域にφ10mmバイオセルロースダイヤフラムダイナミックドライバーを1基、中域/高域にそれぞれBAドライバーを1基ずつ搭載したハイブリッドモデル。その名前の通り「マンモス」からインスピレーションを受け、壮大で力強くマッシブなサウンドに仕上げたとしている。

周波数特性は5Hz - 20kHz、入力感度は94dB SPL@1kHz:18.16mVrms、インピーダンスは8.1Ω@1kHz。