ミックスウェーブは、同社が取り扱うBeat Audioの新イヤホンケーブル「Prima Donna MKII」を12月24日より発売する。価格はオープンだが、実売予想価格は4ワイヤーモデル「Prima Donna MKII」は124,900円、8ワイヤーモデル「Prima Donn MKII 8-Wire」は182,900円(表記いずれも税込)。

同社のロングセラーモデル「Prima Donna」をベースに、導体素材の合金配合を見直すなどしてアップグレードしたという次世代モデル。具体的には、新たに合金の安定性を高める少量のジルコニウムを配合することで、ベースの銀にレアメタルを複合した新たな合金比率を実現。従来のサウンド傾向はそのままに、高周波が約20%、低音の質感が約15%向上するなど、音質を大幅にアップデートしたとアピールする。

ワイヤー構造は、従来の40本の細い糸を巻いて形成したものから一新され、より細い7本の糸が巻かれたものを14本束ねた新構造を採用。これにより、サウンドステージを大幅に向上させたと説明している。

外観は、外装シースのシリコンを従来よりも約5%増やすことで、より透明感のあるものに仕上げたとのこと。また柔らかさやしなやかさを維持しながら、耐久性も向上しており、ケーブル全体の弾性が低くなったことで絡みにくく快適に使用できるという。

また、コネクタとプラグも従来の円筒形状から一新され、窓からインスピレーションを得たという長方形を複数重ねたパーツデザインを採用。本デザインには、再生する音楽を窓越しに見える世界に見立て、様々な視点で音楽の世界を楽しんでほしいという願いが込められているという。

イヤホン端子はMMCX/Custom 2pin、入力端子は3.5mm ミニ端子/2.5mm 4極端子/4.4mm 5極端子をそれぞれ用意。ケーブル長は約120cm。