ソニーは、米国ラスベガスとオンラインで開催されているイベントCES2022に合わせ、同社テレビ“BRAVIA XR”新モデルとして、8KミニLED液晶テレビ「Z9Kシリーズ」と4KミニLED液晶テレビ「X95Kシリーズ」を発表した。

8Kモデル「Z9Kシリーズ」は85型と75型での展開。4Kモデル「X95Kシリーズ」は85型、75型、65型をラインナップする。

認知特性プロセッサー“XR”を使った「XR Backlight Master Drive」によって、最新世代のミニLEDバックライトを制御。これにより、信じられないほどの明るさと深い黒を描きつつも、ハイライトの周りにフレアやハローがほとんどない美しく自然な中間色も表現し、前例のないダイナミックレンジを楽しめるとアピールしている。

画質面では、「XR Triluminos Pro」と「XR Contrast Booster」といった技術も組み合わせることで黒のコントラストを向上。外光の反射を抑える「X-Anti Reflection」や広視野角技術「X-Wide Angle」も搭載している。

なお「XR Contrast Booster」は 8Kモデルが「XR Contrast Booster 20」を搭載するのに対し、4Kモデルは「XR Contrast Booster 15」となる。

Netflix再生時に画質を自動で最適化する「Netflix Adaptive Calibrated Mode」や、購入者向けの映像配信サービス「BRAVIA CORE」に画質を自動最適化する「BRAVIA CORE Calibrated Mode」も搭載。加えて「Perfect for PlayStation5」テレビとしても認定されており、オートDRトーンマッピングとオートジャンル映像モードという2つのPS5専用機能を搭載する。

独自のカメラ「BRAVIA CAM」も新たに搭載し、ユーザーが座っている場所を認識し、映像と音声を最適化。ジェスチャーコントロールやビデオチャットなどにも利用できる。また、ユーザーがテレビの前にいないことを認識し、ディスプレイを暗くすることで省電力化も図る。

音声面では「Acoustic Multi-Audio」を搭載。これによりサウンドの位置を画面上の映像と正確に一致させ、没入感を高めるとしている。