パナソニックは、米ラスベガスとオンラインで開催されている「CES 2022」にて、有機ELテレビの最新モデル「LZ2000」を2022年に発売すると発表した。55/65/77インチの3サイズ展開をアナウンスしている。

ハリウッドのノウハウを活かした画質チューニング「Master OLED Pro」を投入。Company3の創設者兼CEOであるStefan Sonnenfeld氏のカラーチューニングが生かされており、「映画や高品質のTVシリーズを視聴するのに最適」と説明する。中間レベルの明るさを向上し、画質処理レベルを高めるとともに、HDRからより多くの情報を引き出し、より細部まで再現できるとしている。また77インチモデルについて「Cinema Size」と同社では訴求している。

周囲の部屋の光の色温度を検出するセンサーを内蔵し、AIが再生中のコンテンツをリアルタイムで識別し、画質と音質の両方を自動的に最適化する機能を備える。 JZ2000にも搭載されたHCX Pro AIプロセッサーにより、肌の色など、人間の目が馴染みのあるトーンを個別に調整、コンテンツに応じた自然な映像を提供するとしている。

HDRフォーマットは、Dolby Vision IQ、Dolby Vision、Filmmaker Mode、HDR10+ ADAPTIVE、HLG PHOTOをサポートする。

サウンドにも注力し、テクニクスのエンジニアが開発したシステムを「Tuned by Technics」として搭載。ドルビーアトモスに対応する「360°Soundscape all-in-one TV audio package」を備えるほか、アレイスピーカーも内蔵し、音を特定の1点に向けるピンポイントモード、部屋の特定のエリアにサウンドを届けるエリアモード、特定のスポットで音量を上げるスポットモードを利用できる。

また、LZ2000はゲーム体験にもこだわっている。4K/120Hzのハイフレームレートや可変リフレッシュレートといった主要なHDMI 2.1機能をサポートするほか、「60Hzリフレッシュモード」によって60Hzゲームの入力ラグを遅延する。さらにフレームレートなどの情報や、暗部の表現調整、表示モード変更といった項目をまとめて表示できるようにUIを構成している。