Ankerは、米ラスベガスとオンラインで開催されている「CES 2022」にて、世界最小のレーザープロジェクター「Nebula Cosmos Laser 4K」を発表した。2022年1月11日(米国時間)より、Kickstarterにてクラウドファンディングを実施する。価格は現時点で不明。

2,400ANSIルーメンの輝度を備え、最大150インチの投影が行えるプロジェクター。解像度は4K で、HDR10もサポートする。OSはAndroid 10となる。

オートフォーカス機能を備え、水平/垂直の自動台形補正も搭載。サウンド面では30Wのスピーカーを搭載し、5.1ch再生やDolby Audioに対応。イコライザー機能も備える。