ラトックシステムは、8K/60Hz、および4K/120Hz出力に対応した2入力1出力のHDMIセレクター「RS-HDSW21-8K」を1月下旬より発売する。価格は税込7,260円。

「RS-HDSW21-8K」は、8K/60Hz、および4K/120Hzの入出力に対応するHDMIセレクター。8K対応HDMI端子が1ポートしかないディスプレイやテレビでも、本機を介することで2台のHDMI機器を切り替え可能。なお、8K/60Hz、4K/120Hzの出力には、Ultraハイスピード対応のHDMIケーブルが必須となる。

切替は手動式を採用し、本体のボタン操作のみでポートの切替が可能。HDMI機器の電源オン/オフ時にポートが切り替わることもないとしている。

出力面では、「HDR 10」「HLG」など各種HDR規格に対応。デジタル著作権保護技術は、従来規格の「HDCP 1.4」に加え、新バージョンの「HDCP 2.3」にも準拠する。また、サラウンドの音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」「DTS:X」にも対応し、音質面にも妥協はないとアピールする。

また、PlayStation5やXBOX SeriesXでの動作も確認済。PCでは、8K出力に対応のグラフィックスカード(GIGABYTE AORUS Geforce RTX 3070 MASTER 8G)にて、接続モニターに適した解像度での出力を確認済としている。

そのほか、コネクター部は酸化に強く、信号伝達の信頼性も高い金メッキ端子を採用。電力不足による非動作を防ぐため、外部電源供給用のUSB ACアダプターおよびケーブルも同梱する。外形寸法は約78.5W×13H×51.5Dmm。