エミライは、同社が取り扱うFiiO Electronicsブランドのプラグ交換式MMCXリケーブル「LC-RE Pro」「LC-RD」を、1月21日より発売する。価格はオープンだが、LC-RE Proが税込21,890円前後、LC-RDが税込17,600円前後での実売が予想される。

ツイストロック式の交換式プラグを採用し、2.5/3.5/4.4mmの3種類のプラグを切り替えて使用できるイヤホン用リケーブル。導体には金メッキ単結晶銅、純銀、単結晶銅の芯線を各20本ずつ束ねたハイブリッドケーブルを左右各2本編み込み、合計240芯線を使用。ケーブルは1本ずつ被覆することで表皮効果や近接効果を減少、信号の伝送効率を改善し、広大で精密な音場再現とクリアな音質を実現したという。

MMCXコネクターには医療用316Lステンレスを採用。高い信頼性を確保しつつ、角度をつけた端子設計により、快適な装着感を提供するとしている。また、アウターシースはドイツ製クリアーTPU素材で、光沢のある透明感を実現。黄変や、低温環境下での硬直化にも強く、長期間の使用にも耐えるとのこと。ケーブル長は約120cm(端子部除く)。

LC-RDは同じく2.5/3.5/4.4mmのプラグ交換式のMMCXリケーブル。LC-RE Proとは芯線素材が異なっており、高純度単結晶純銀素材を用いている。この高純度純銀を8本撚り合わせた芯線を、さらに7本リッツ構造で束ねた構造で、芯線の左右総数は合計224本となる。