アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernブランドから、ヘッドホンアンプとDAPの機能を一体化させた “キャリアブルヘッドホンアンプ”「ACRO CA1000」を、同社直販サイト「アキハバラe市場」、家電量販店およびオーディオ専門店にて1月22日より発売する。希望小売価格は299,980円(税込)。

高性能なヘッドホンアンプにDAP機能を一体化させ、機能性/拡張性/携帯性を兼ね備えたというコンセプトモデル。先日海外で製品発表が行われたが、国内販売が正式にアナウンスされたかたちだ。

4段階のゲイン設定に対応し、ゲイン設定回路は最大15Vrmsの超高出力を実現。これにより、あらゆるヘッドホンのボテンシャルを最大限に引き出し、没入感のある音楽体験を提供するとアピールする。

ヘッドホン出力は3.5mmアンバランス、6.35mmアンバランス、2.5mmバランス、4.4mmバランス端子を搭載。ヘッドホン出力回路は、微小な独立リレー部品を採用し、物理的に分離させている。加えて、光(角型)/同軸(RCA)/USB Type-Cなどのデジタル入出力、RCAアナログ入出力など多彩な端子を装備。様々な機器を接続し、Hi-Fiオーディオシステムとしての使用も可能だ。

DAC部には、ESSのDACチップ「ES9068AS」を4基搭載したクアッドDAC構成を採用。ブランド独自のアンプ回路技術によって優れたデコードを実現するとしている。PCMは384kHz/32bit、DSDは22.4MHzネイティブ再生に対応する。

また、主要回路を一体化することで、効率的なパワーノイズ除去や電源管理、歪みを最小限に抑制した増幅などを実現する独自のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」も採用。これにより、元の音に近いオーディオ再生が可能だと説明する。

本体上部には、静電容量式タッチスクリーンを備えた1,280×720の4.1型液晶ディスプレイを搭載し、入出力選択などの操作が可能。また、最大60度まで自由に角度調整できるチルト式を採用している。

8,400mAhの大容量バッテリーを搭載し、外部電源無しで最大10時間以上の連続再生が可能。また、9V/3Aに対応したUSB-PD 2.0充電を搭載し、付属のUSB Type-Cアダプターを使用すると約1時間で50%、約2時間30分でフル充電が可能な高速充電にも対応する。

本体はアルミニウム製で、火星の過酷な環境を踏破するローバートラックをデザインモチーフに採用。また、CNC精密加工によるボディとホイールによって、硬質で繊細な仕上がりとしている。

Bluetoothバージョンは5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP、コーデックはSBC/AAC/aptX HD/LDACをサポートするほか、デュアルバンドWi-Fi(2.4/5GHz)にも対応。スピーカーのような音像をヘッドホンリスニングで再現する「クロスフィード」や、ワイヤレス転送機能「AK File Drop」、Bluetoothレシーバー機能「BT Sink」、音源ごとの音量レベルを調整する「ReplayGain」機能など各種機能も備える。

内蔵メモリは256GB。microSDカードスロットを備え、最大1TBまで対応。MQAフォーマット音源の再生にも対応する。ほか、DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」、動画音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能、ストリーミングアプリをインストール可能な「Open APP Service」機能を備える。

S/N(@1kHz)はアンバランス接続で107dB/バランス接続で115dB、クロストーク(@1kHz)はアンバランス接続で-105dB/バランス接続で-124dB。出力インピーダンスはアンバランス接続で1.0Ω、バランス接続で2.0Ω。外形寸法は約104.9W×45H×148.8Dmm、質量は約919g。