伊藤屋国際は、同社が取り扱うTFZブランドより、ダイヤモンドライクナノ振動板や新設計のセミオープンタイプのチャンバーなどにより改良を図った新ドライバーを搭載するイヤホン「TEQUILA PRO」を4月29日より発売する。オープン価格だが税込25,800円前後での実売が予想される。

コイルとチャンバーを2つ設けることにより超高域/高域、中域/低域とそれぞれ担当する音域を分けることで、ダイナミックドライバー1基でありながらハイブリッドドライバー機のようなレンジの広さと音の分離感を実現するという “ダブルマグネティックサーキット”(デュアル磁気回路)を引き続き採用。チャンバーは新設計のセミオープンタイプで、また、ドライバーの磁力も大幅に向上したとのことで、ダイナミックレンジも従来より50%強化したという。ドライバー径は11.4mm。

ドライバーの振動板には、ダイヤモンドライクナノ振動板を採用。これによって、より軽く、より薄く、より硬く、より柔軟で、より正確な信号へのフィードバックを実現するとアピールしている。

イヤホンケーブルは金コートOFC(無酸素銅)ケーブルと銀コートOFCケーブルを採用したハイブリッドケーブル。リケーブルにも対応しており、端子形状は2Pinを採用している。なお、プレーヤー側との接続端子形状は3.5mmステレオミニ。

再生周波数帯域は5Hz - 40kHzで、インピーダンスが20Ω、感度が108dB。各サイズのイヤーピースやキャリングポーチなどが付属する。