ミックスウェーブは、同社が取り扱うUnique Melodyより、静電型+骨伝導ドライバー搭載のクアッドハイブリットイヤホン「MEST indigo」を4月28日に発売する。国内60台限定モデルで、希望小売価格は319,000円(税込)。

骨伝導ドライバーをはじめ、4種のドライバーを採用する「MEST」シリーズの数量限定モデル。ダイナミック型×1基、バランスド・アーマチュア(BA)型×4基、静電型×4基、骨伝導型×1基の全10ドライバー構成を採用する。

従来シリーズより静電型ドライバーの数を増量し、伸びやかな超高音域を実現。速いレスポンスやワイドなサウンドレンジ、細やかなディテールも逃さない再生力や、歪の少ないサウンドが特徴としている。

また、シリーズの特徴でもある骨伝導ドライバーには、電圧の変化に応じてセラミックの層が金属の板を曲げて微振動を発生させる両面振動圧電セラミックス骨伝導ドライバーを採用することで、フルレンジでの使用を可能にした。

金属フィルターは交換可能なツイスト構造を採用し、瓶のふたのように回すだけで工具を使用することなく取り外しが可能だ。

シェルには、航空機や宇宙機器にも使用されるハイグレードのカーボンファイバーを採用しており、CNC加工でのシェル1ペアの削り出しに12時間以上を要する堅牢さと軽量さを両立する。加えて、筐体素材にファイバー素材が混ざり合うことで、インディゴブルーが揺らめく神秘的なデザインに仕上がったとしている。また、フェイスプレートには松笠と樹脂を組み合わせた「スタビライズド・フルーツ・ウッド」を使用する3Dフェイスプレートを採用した。

付属ケーブルとして、同モデルのために特別設計された、4本のアッパーグレードOCC導体構成の「UM Copper M3 Custom Cable」を同梱。インディゴブルーの筐体に合わせたPVCスリーブと、フェイスプレートのメタルフレームに合わせたブロンズメタル製のYスプリッター/スライダーによって、外観デザインの統一感が図られている。

周波数特性は20Hz - 70kHz、感度は118dB@1kHz、インピーダンスは13.2Ω。付属ケーブルの長さは約122cm。イヤホン端子はCustom 2pin端子、入力端子は2.5mmバランス端子で、3.5mm/4.4mm変換プラグを付属する。