アユートは、同社の取り扱うAstell&Kernより、ハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー「KANN MAX」を発表した。発売時期は5月を予定しており、実売予想価格は199,980円前後となる。合わせて発表された専用ケース「KANN MAX Case」も同時期の発売を予定しており、16,980円前後出の実売が予想される。

高出力設計ながら低歪みと高S/Nも両立するハイレゾオーディオプレーヤーをコンセプトとした “KANNシリーズ” の第4弾モデル。

KANN MAXでは前モデル「KANN ALPHA」の後継として、同シリーズの特徴を継承しつつ、「Engineered to Powerful Perfection」をスローガンに掲げ、さらなる高出力化とポータビリティーの実現を目指した。

出力は最大15Vrmsの超高出力を実現。ゲインは4段階で調整可能で、あらゆるヘッドホンを余裕を持って駆動することができるとする。また、新たに回路設計も工夫することで、超高出力ながら、低ノイズで、さらなる軽量・小型化によるポータビリティーも兼ね備えるとしている。

DAC部には、ESS製「ES9038Q2M」を4基使用したクアッド構成を採用し、クリアでバランスの取れたサウンドだとアピール。加えてAstell&Kern独自のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」も搭載する。

音楽再生は最大PCM 768KHz/32bit、およびDSD 512のネイティブ再生に対応する。Bluetoothはバージョン5.0に準拠し、高音質コーデックのaptX HDやLDACもサポートする。

出力端子は3.5mmアンバランス出力(光出力兼用)、2.5mmおよび4.4mmバランス出力を装備する。そのほか詳細な製品仕様や、具体的な発売日に関しては、決定次第改めてアナウンスするとのこと。