ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのゲーミングデバイス“JBL Quantum”シリーズより、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「JBL Quantum 350」を5月27日(金)に発売する。価格はオープンだが、JBLオンラインストアでは12,100円(税込)にて取り扱う。

40mm径のドライバーユニットを搭載するワイヤレスゲーミングヘッドセット。低遅延かつ高い安定性を実現したとする2.4GHzワイヤレス接続を採用しており、付属のドングルレシーバーをデバイスのUSB Type-A端子に取り付けて使用する。

連続再生時間は最大で22時間。使用中の充電にも対応するため、突然の充電切れやバッテリー残量に気を取られずに集中してプレイ出来るとするほか、約5分の充電で1時間の使用が可能になる急速充電にも対応する。

搭載されるマイクは、ボイスチャットアプリDiscordの認証も取得した無指向性ボイスフォーカスマイクを採用。向きや角度に左右されず全方位の音を集音し、ゲーム内での通話においても高品位な音声を提供すると説明している。また、マイク部分は着脱式となっており、取り外すことで一般的なヘッドホンとして使用することも可能となっている。

質量252g(マイク含む)という軽量設計に加え、イヤーパッドの素材にはソフトなポリウレタンを採用することで、着用時の負担や、汗などの不快感を軽減。長時間の使用でも疲れにくい仕様に仕上がっているという。また、交換用のイヤーパッドについても今後発売を予定しているとのこと。

“JBL Quantum”シリーズの他の製品と同様、独自開発のゲーミング用音響技術「JBL QuantumSOUND」も搭載。わずかな足音から爆発の轟音までリアルに再現し、没入感と臨場感のある音響空間を提供できるとしている。PC用ソフトウェア「JBL QuantumENGINE」からの各種設定にも対応。「JBL QuantumSURROUND」のオン/オフ切り替え、EQプリセットの選択、マイク感度調整、ユーザーアカウントの編集などが行える。

周波数特性は20Hz - 20kHz、付属のUSB充電ケーブル(A to C)の長さは約105cm、ドングルレシーバーの質量は約3gとなる。