フォーカルポイントは、同社が取り扱うShokzより、容量4GBのオーディオプレーヤー機能付き骨伝導イヤホン「OpenSwim(オープンスイム)」を発売した。直販サイト価格は21,880円(税込)。

OpenSwimでは、密閉構造デザインを採用し、さらに水深2mの環境下で最大2時間浸水しても使用できるレベルとされる「IP68」準拠の防水性能を備え、水泳時にも利用できる骨伝導イヤホン。骨伝導技術にはShokz独自の「PremiumPitch 2.0」を搭載し、独自のイコライザー技術により、水中でも豊かな低音と充分な音量を確保できるとしている。

本体にはオーディオプレーヤー機能を搭載する。4GBの内蔵ストレージは約1,200曲(一曲あたり3MBを想定)の音楽ファイルを保存可能で、スマートフォンとのペアリングなしに、OpenSwimだけで音楽再生ができる。

耳を塞がない装着スタイルにより、付属の水泳用イヤープラグやスイムキャップ、スイミングゴーグルとの併用も可能。また周囲に気を配りながら音楽を楽しめる構造のため、ジョギングやマラソンといった屋外スポーツ、通勤通学などの普段使いにも適するとしている。

音楽ファイルは、付属のUSB充電クレードルを介してPC/Macから転送可能。ファイルフォーマットはMP3/WAV/WMA/AAC/FLACに対応し、FLACフォーマットは48kHz/16bitのみ対応となる。連続再生時間は最大8時間、本体質量は約30g。

なお同社では、6月1日より既存モデル「OpenRun」「OpenComm」の価格改定を実施する。原材料費、製造・物流コストなどの高騰によるもので、OpenRunが17,880円(旧価格16,880円)、OpenCommが22,880円(旧価格19,998円)と、約5 - 14%の値上げとなる。

本件について同社は「誠に不本意ではございますが、価格改定を申し上げます。今後も上質な製品をお届けできるように努めて参ります」とコメントしている。