ソニーは、同社製4Kテレビ“BRAVIA”(ブラビア)に接続し、ユーザーの視聴位置に応じた自動画音質調整など様々な機能を利用できるようにするカメラ“BRAVIA CAM(ブラビアカム)”「CMU-BC1」を8月に発売する。オープン価格だが24,000円前後での実売が予想される。

4K有機ELモデルの新フラグシップ“BRAVIA XR”「A95Kシリーズ」に付属するカメラを単体で発売するというもの。同時発表された2022年モデル「X80K」「A90K」「X95K」「X90K」「X85K」「X80K」「X80WK」の各シリーズに接続して使用できる。なお、A95Kの付属品はマグネット式でテレビ側からブラビアカムの電源供給を受けるが、単体販売品はUSBケーブルをテレビのUSB端子に接続する形となる。

ブラビアカムを装着すると、視聴位置に合わせた自動画音質調整機能やジェスチャーコントロール、Google Duoを使ったビデオチャットなどが利用可能。

例えば自動画音質調整機能は、ブラビアカムがユーザーの視聴位置を認識。その視聴位置に合わせて画面の明るさや音声のL/Rバランス、ボイスズームを自動で調整することで、視聴位置に最適な画質・音質を常に提供するという。なお、自動画音質調整機能は上記シリーズのうち認知特性プロセッサーを搭載する“BRAVIA XR”A80K/A90K/X95K/X90Kシリーズのみの対応となる。

ジェスチャーコントロールなどの機能は“BRAVIA XR”以外のモデルも利用可能。子供などがテレビに近づきすぎた際にアラートを発したり、ユーザーがテレビの前にいないことを認識して自動で省エネモードにしたりといったことができる。