MIRISE(株)は、QCYブランドより左右独立通信方式やENCノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「QCY-T17」を6月24日より発売する。希望小売価格は6,980円(税込)。カラーバリエーションはホワイト/ブラックの2色を展開する。

「QCY-T17」は、Bluetooth5.1の左右独立通信に対応する完全ワイヤレスイヤホン。周囲の環境から影響を受けにくい安定した接続を実現し、片側のみでも使用することができる。イヤホンを使用する際はケースから取り出すだけ。自動で電源がオンとなり、最後に接続したデバイスに瞬時に接続される。

イヤホン本体は、片側質量約4gという軽量設計に加え、様々な耳の形に合うよう設計されたイヤーフックを装備する。これにより、装着時には羽が生えたようなイヤーフックが耳に自然とフィットすることで、長時間の装着でも耳への負担を軽減するという。

連続再生時間は、小柄ながらもステレオモード使用時に本体のみで最大7.5時間、充電ケースと併用で最大26時間を誇る。本体はタッチ操作により各種の操作が可能なほか、音声アシスタント機能も備える。IPX4規格の防水性能にも準拠する。

音質面では、厳選された6mmダイナミック型ドライバーを搭載。同ブランド独自のチューニングも施すことで、よどみの少ないHiFiな高音質から、冴え渡ったクリアな高音、聞き疲れのしにくい心地の良い低音を実現するとのこと。

通話面では、ENCノイズキャンセリング機能を搭載することで、通話時に風の音や街の喧噪、騒音といった環境音を除去し、周囲の環境を気にすることなく会話ができる。

機能面では、低遅延ゲームモードを搭載し、動画鑑賞やオンラインゲームをストレスなく楽しめるとしている。また、QCY専用アプリと連携して、タッチ操作のカスタマイズやイコライザー調整、イヤホン位置探知、音量調整といった各種設定が可能だ。

再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。Bluetoothバージョンは5.1、プロファイルはHFP/HSP/A2DP/AVRCP、コーデックはAAC/SBCをサポートする。