エディオンは、本日6月13日(月)より、同社オリジナルブランド “e angle select” の43型チューナーレス4Kテレビ(型番:43P63E)を早期購入できるクラウドファンディングプロジェクトををMakuakeにて開始した。期間は6月29日まで。現在購入可能な価格は40,000円(税込)。

なお、40,000円(税込)での早期購入は先着25名まで。執筆時点では残り11台となっている。製品の配送は8月末までに行われる予定。一般販売価格は49,800円(税込)を予定する。

家電量販店のエディオンと、テレビメーカーTCLが共同開発した4Kテレビで、テレビ放送を視聴するためのチューナーを搭載せず、インターネット配信動画の視聴やゲームを楽しむことなどに特化した、“チューナーレス” 仕様が特徴。

このたび、同社がオリジナルモデルとして商品化するにあたり、発売前にユーザーからの幅広い意見を集めて今後の商品開発に反映するべく、クラウドファンディングを実施したとのこと。

解像度は上述の通り4K(3,840×2,160)に対応し、HDR10/HLGに加えて、ドルビービジョンにも対応し、映像の明暗を細部までクリアに再現し、鮮明かつメリハリのある映像を実現するとのこと。コントラストは5,000対1。また音質面では立体音響のドルビーアトモスもサポートする。

Google TVを内蔵し、視聴履歴や好みに合わせてユーザーに最適化してコンテンツをホーム画面に一括表示することが可能。またNetflixやAmazon Prime videoをはじめ、豊富なネット動画サービスのアプリに対応する。

Chromecast built-in対応で、スマートフォンの映像やゲームもテレビの大画面で楽しむことができる。ほかGoogleアシスタントもサポートしている。

ゲームモードを搭載しており、応答速度は6.5msを実現。また搭載するHDMI端子はALLM(自動低遅延)対応で、映像遅延を4ms(1,080p/60Hz入力時)まで短縮し、快適なゲーム体験を可能にするとしている。なお4K/60Hz入力時は約8msとなる。

HMDI端子は3系統搭載する。ほか、USB/光デジタル/LAN/ヘッドホン出力/AV入力をそれぞれ1系統備える。

Bluetoothはバージョン5.0、Wi-Fiは2,4G/5Gに対応する。外形寸法は957W×610H×185Dmm(スタンド含む)。消費電力は90W(待機時0.3W)。