(株)博報堂DYメディアパートナーズは、イスラエルのスタートアップ企業「AUGMIND(オーグマインド)社」と共同開発したAI技術を用いた、低画質映像を高解像度映像へ変換する新サービス「H-AI UpRes(エイチ・エーアイ・アップレゾ)」を提供開始すると発表した。

本サービスは、博報堂DYのグループ横断型研究開発組織「Creative technology lab beat」の新プロダクトとして提供されるもの。AI/XR領域に強みを持つAUGMIND社と共同開発したAI技術により、低画質映像を高解像度化する新サービスとなる。TV番組やCM、映画、アニメ、NFT動画などの幅広い映像コンテンツに対応する。

コンテンツごとに、AUGMINDの専属クリエイターがカスタマイズして作成したAIアルゴリズムによって映像分析を行い、劣化補正や色彩補正を施し、高解像度化する。さらに、クリエーターがポストプロダクションまで行うという。

これにより、低画質/低ビットレート(720pや2Kテレシネ画質)で保存されたアーカイブを、高画質/高ビットレート(4K画質)へ、低コストでコンバートできる。デジタルノイズ、フィルムのダストやスクラッチ等も除去可能で、フレームレートの追加変換にも対応する。