MUSINは、同社取り扱いブランドiBasso Audioのオーディオプレーヤー「DX300/320」用オプションパーツとして、真空管アンプカード「AMP13」を6月29日より発売する。カラーバリエーションはブラック/ブルーの2色展開。価格はオープンだが、税込38,000円での実売が予想される。

「AMP13」は、同社のハイエンド・オーディオプレーヤー「DX300/320」用に開発された真空管アンプカード。真空管には、KORGとノリタケ伊勢電子が共同開発した次世代真空管「Nutube」を搭載し、従来の3極真空間と同様に動作することで、真空管特有の豊かな倍音を生み出すとしている。また、従来の真空管と比較して、大幅な省電力化や小型化、高耐久性を実現している。

なお、Nutubeは従来の3極真空管と同様の豊かな倍音成分を生み出すものの、出力される信号は強力とは言い難く、また発生するノイズをコントロールすることが難しいことが本機設計上の問題点だったとiBassoは説明。そのためAMP13では、通常のオーディオプレーヤーで用いられる「2チャンネルアンプ」ではなく、「3チャンネルアンプ」を採用。出力されるグランド信号を「OPA1622」オペアンプを用いて増幅することで、ノイズフロアを大幅に低下させるとともに、流れるエネルギーを向上させてパフォーマンスを引き出すとしている。

出力端子には、低ノイズを追求したという「ローノイズ出力端子」と、最大4.1Vrmsの高出力を備えた「マキシマム出力端子」の計2基の3.5mm端子を搭載する。

本モデルでは電圧の増幅にNutubeを使用し、その後デジタルボリュームの調整とさらなる電流/電圧の増幅が行われる。ローノイズ出力端子では、1段目の電流増幅後の信号を出力。出力レベルこそ低下する手法ではあるものの、真空管独特のサウンドシグネチャーが出音に色濃く反映され、ノイズコントロールにも優れているという。

マキシマム出力端子からは、Nutube、1段目の増幅を経て、2段階目の増幅が行われた信号を出力。これによってより高い電流/電圧の出力特性を実現し、接続するヘッドホンや IEM をより力強く駆動すると説明している。

電源面では、「DX300/320」のアンプ部専用電源に加え、Linear Technologyの「DC-DCコンバーターチップ」を2つ採用し、さらに別のチップ2つを組み合わせた計4つのDC-DCコンバーターを搭載。1つは低ノイズLDOを介してNutubeのカソードに1.8Vを提供し、2つめはNutubeのアノードに21Vに提供、残り2つはオペアンプを駆動させるために必要な16Vの電圧を、それぞれ正負で8Vずつ提供している。

回路面では、アンプモジュール「AMP9」から引き続き、出力信号のバッファとして東芝製の「2SK209-電界効果トランジスタ」を採用。信号とシールドのグランドをそれぞれ分離することで、ノイズの干渉を防止していることに加え、アンプ回路に適切な負帰還をかけることで、効果的に歪みの低減と周波数帯域の拡張するという。ほか、JRC(新日本無線)製の超低雑音オーディオボリュームを使用し、ノイズフロアの低減や音自体のクリアネスも向上したと説明する。

そのほか、製造される個体は全て、Audio Precision社の高精度オーディオ・アナライザーにて事前テストを実施。AMP13と同じ基盤上に3つのマルチターン・ポテンショメータが取り付けられた“特別な検査機”を用いて、性能を引き出すためのマッチングとチューニングが施されているとのこと。なお、「DX300/320」で本製品を使用する前には、製品のシステム・ファームウェアを最新バージョンに更新することが必須となる。