アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernより、銅とニッケルの合金「白銅」をハウジング素材に採用したハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「A&ultima SP2000T Copper Nickel」を7月16日から発売する。価格は449,980円(税込)。国内150台のみの限定販売となる。

本モデルは、ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「A&ultima」シリーズの第4弾モデル「A&ultima SP2000T」をベースに、ハウジング素材に管楽器に使用され、深みのあるふくよかな音を生み出すことで知られる、銅とニッケルの合金「白銅」を採用した限定モデル。白銅は加工が極めて難しいため、数量限定での生産に至ったと説明する。

宝石や工芸品に見られるような美しい光沢を放つ銀色によって、SP2000Tのシームレスなデザインをより高い次元へと引き上げている。そして、デザイン性を高めるだけでなく、もう1つの特長である高い耐食性によって外観の美しさを維持し、同時に高い抗菌性や耐汚染性も備える。

また、高い導電性と低い磁気シールドによって、アルミニウム製ハウジングであるSP2000Tとは異なるサウンドを体感できると説明する。付属するA&ultima専用のプレミアムリアルレザーケースでは、本モデルの美しさを際立たせる「Ortensia」カラーを採用する。

基本仕様はSP2000Tと共通で、異なる3つのサウンド特性を切り替えられる次世代アンプテクノロジー「トリプルアンプシステム」を採用。通常の「OP-AMP(オペアンプ)モード」と「TUBE-AMP(真空管アンプ)モード」、両モードの利点を組み合わせた「HYBRID-AMP(ハイブリッドアンプ)モード」を切り替えて音色を変化させることが可能だ。

真空管には、ポータブル用途に適したデュアルトライオード真空管「KORG Nutube 6P1」を搭載する。DAC部にはESS Technology社のオーディオ用DAC「ES9068AS」を4基搭載し、奥行きと空間のリアリティに優れたサウンドを再生するとしている。PCMは最大384kHz/32bit、DSDは最大22.4MHz/1bit(DSD512)のネイティブ再生に対応し、MQA音源の再生もサポートする。

出力端子は3.5mmヘッドホン出力(光出力兼用)と、2.5mm 4極/4.4mm 5極バランス出力を本体上部に備える。音量の異なる音源を同一の音量レベルに調整する「リプレイゲイン」機能や、動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能、音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能な「Open APP Service」機能もサポートする。

外形寸法は約78.1W× 141H×17.5Dmm、質量は約505g。