アップルが開発中と噂されるAR/VRヘッドセットは2023年の初頭に発売が予想されているが、すでに第2世代モデルに取り組んでいるとの観測も相次いでいる。そして、さらにそれを裏付けるサプライチェーン情報が伝えられている。

この噂の発信源は、韓国の電子産業情報誌ET Newsだ。第1世代モデルは今年(2022年)第4四半期に量産開始し、2023年初めの発売に向けて準備が進められているが、初代製品ゆえに生産台数はそれほど多くないという。価格は3,000ドルになるとの説もあり、それゆえ出荷量も絞られるのかもしれない。

第1世代のヘッドセットに用いられる部品として、ソニーとLGディスプレイが供給する薄型で電力効率に優れたMicro OLEDディスプレイ、LG Innotekの3Dセンシングモジュール3つ、中国企業が供給する中低スペックのカメラが搭載されるとのこと。これらは、おおむね既報の通りである。

この第1世代モデルではエンターテインメントとゲームに特化しつつも、第2世代の製品をより優れたものにするための、テスト機器としても期待されているという。その第2世代は2024年に発売される予定であり、より軽量なデザインや通話機能、LG Innotekの超高精細カメラがセールスポイントになると伝えられている。

今回の「第2世代モデル」は高性能が強調されている感があるが、そのためにはコストが下げにくいはず。先日、有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、ハイエンド/手頃な価格の2モデルが用意される可能性が高いと述べていたが、そのうちハイエンド版を指しているのかもしれない。

また、わざわざ「通話機能」に重きが置かれているのも気になるところだ。大手メディアBloombergのMark Gurman記者は、AR/VRヘッドセットではFaceTimeによるビデオ通話ができ、ミー文字やSharePlayが中心になると述べていたこともある。

つまり、通話機能は「第1世代ヘッドセットでもできて当然」と思われていたわけだ。逆に「できない」とはならないよう祈りたい。

Source: ET News

via: MacRumors