オーディオテクニカは、同社ロングセラーの有線イヤホン「ATH-CK350」を再生プラスチックでアップデートした環境配慮モデル「ATH-CK350X」「ATH-CK350XiS」を8月5日(金)より発売する。いずれもオープン価格で、市場想定価格はATH-CK350Xが2,100円前後、ATH-CK350XiSが3,000円前後(ともに税込)。

イヤホン本体に再生プラスチックを50%配合、環境に配慮したPCR(Post-Consumer Resin)プラスチックを原材料とし、環境に配慮したモデル。パッケージにもペーパータイやコットンペーパーなどを用いることで、これまでの同社パッケージと比較して、プラスチック材の使用率を90%以上削減しているという。

シンプルな有線イヤホンATH-CK350Xはカラーバリエーションとしてホワイト/ブラック/ブルー/グリーン/ピンク/レッド/ベージュの7色を用意。ケーブルに全指向性のインラインマイクを装備するATH-CK350XiSはホワイト/ブラック/ブルー/レッドの4色のバリエーションを展開する。

その他の仕様は2モデルともに共通。密閉型の構造を採用し、10mm径ダイナミックドライバー、専用のベースダクトを搭載。小型イヤホンながら、クリアでメリハリのある低音を再生するとアピールしている。

1.2m長のケーブルに溝状の加工を施すことで、カバンの中や使用時に取り出す際にコードが絡まりにくくなるデイリーユースを考慮した設計を採用している。

再生周波数帯域は20Hz – 23KHz、出力音圧レベルは102dB/mW、最大入力は40mW、インピーダンスは24Ωとなる。質量は約4g。付属品として抗菌加工の施されたイヤーピース4サイズ(XS/S/M/L)を同梱する。