ゲオストアは、「4K/HDR対応チューナーレススマートテレビ」の43V型モデル「AX-MSK43」と50V型モデル「AX-MSK50」を、本日7月21日より公式ECサイト「ゲオオンラインストア」、7月22日より全国のゲオショップ579店舗にて発売する。価格は43型が32,780円、50型が38,280円(ともに税込)。

YouTubeやNetflixなど、様々なネット動画サービスの視聴に特化し、地デジ/BS/110度CS放送チューナーを非搭載としたチューナーレステレビ。本製品について同社は「“チューナーレス”の仕様とすることで、3万円台とお客様がお求めやすい価格を実現した」とアピールしている。

Android TVを搭載しており、Google Playストアより各動画サービスの視聴アプリがインストールできる。付属のリモコンにはNetflix/YouTube/Amazon Prime Videoのショートカットボタンを配置。またGoogleアシスタント機能の搭載により、リモコンのマイクボタンを押すことで、音声でコンテンツの検索や製品のコントロールが行える。

両モデルの違いとして、50型モデルはVAパネル、43型モデルはIPSパネルを採用。コントラスト比は50型が5000:1、43型が1200:1となる。

そのほか機能的な仕様は共通しており、ともに4K解像度(3,840×2,160)、上下左右178度の広視野角表示に対応。HDRフォーマットはHDR10をサポートする。Chromecast built-inにも対応しており、スマートフォン画面のミラーリング表示を行うことができる。

フレームは画面外側の3辺の枠が細いベゼルレスデザインを採用。10W×2基のスピーカーシステムを搭載している。また、VESA規格(200×200mm)の壁掛け設置に対応する。

ワイヤレス接続はWi-Fi(2.4GHz)とBluetooth5.0をサポートする。入出力端子には、HDMI(v2.0)を3系統、USB(v2.0)を2系統、AV入力、LAN端子、MINI YPBPR、光デジタル音声出力、3.5mmステレオミニジャックを1系統ずつ装備する。

外見寸法および質量は、43型が957W×606.3H×206.8Dmm/約8kg。50型が1111.2W×705H×243.2Dmm/約12.55kgとなる(すべてスタンド含む)。