エミライは、発売を予告していたNoble Audio製ユニバーサルIEM「KUBLAI KHAN」「KADENCE」「JADE」の3製品について、正式な発売日を7月29日に決定した。

いずれも当初「7月下旬」発売予定として発表していたモデルの正式な発売日が決定した形。「KUBLAI KHAN」は税込396,000円前後、「KADENCE」は税込242,000円前後、「JADE」は税込179,300円前後での実売が予想される。

「KUBLAI KHAN」は、同ブランドのユニバーサルIEMの新たなフラグシップモデル。前フラグシップ機「KHAN」はトリプルハイブリッド型だったが、本機はそこに骨伝導ドライバーを追加した、ブランド初のクアッドレベル・ハイブリッド・テクノロジーを採用している。

「KADENCE」は、Knowles製とSonion製の異なる2種のBAドライバーを合計8基搭載したマルチBAユニバーサルIEM。Sonion製ドライバーには、特に低域に定評のあるドライバーを使用。Knowles製ドライバーと組み合わせることで、ハイエンドモデルとしての完成度が格段に上がったとし、これによりNoble Audio創業者 “Wizard” ことジョン・モールトンの狙った音を正確に実現できたとしている。

「JADE」は、音楽制作者の意図を忠実に再現するモニター・タイプの音質を追求したというモデル。10mmダイナミックドライバー1基と、BAドライバー4基のハイブリッド構成を採用。BAドライバーは本機が目指すリファレンスタイプの音質を実現するべく選定されたという。