エミライは、取り扱いブランドFiiOより、4.4mmバランス端子を搭載したポータブルUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「KA2」を7月29日から発売する。価格はオープン。USB Type-C端子とLightning端子の計2モデルを展開し、予想実売価格は以下の通り(表記いずれも税込)。

・「KA2 Lightning」11,550円前後

・「KA2 Type-C」9,900円前後

「KA2」は、ヘッドホン出力として4.4mmバランス端子を装備する、最大PCM 384kHz/32bitおよびDSD 256ネイティブ再生に対応するUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ。DACチップには、DAC/ヘッドホンアンプを1パッケージ化する、CIRRUS LOGIC社製の統合型DACチップ「CS43131」をデュアル搭載した。

CS43131は、CIRRUS LOGIC社のHi-Fi製品ラインに位置するDACチップ。プリエコー、リンギングを最小限に抑える5種類の切り替え可能な「デジタルフィルタ」の搭載や、DSDとPCM間の切り替えノイズを抑制する「ボリューム制御」、接続された機器を計測して適切な処理を行う「ACインピーダンス検出機能」など、音質優先の設計が貫かれている。

上述の本DACチップをデュアル搭載することにより、コンパクトな筐体ながらSN比=125dB(32Ω時)、THD+N=0.0005%(32Ω時)、出力153mW (32Ω時)を実現し、上位モデルの「KA3」に迫る性能を備えるとアピールする。

駆動方式は、両モデルともにUSBバスパワー駆動を採用。USB Audio Class 2対応により、Windows/Mac/Android/iOS等の幅広いプラットフォームにおいて、ドライバーインストール無しで、最大PCM384kHz/32bit、DSD128(DoP)の再生に対応。FiiO Music Appなどの対応アプリやドライバーをインストールしたWindows PCなどでは、DSD256(Native)の再生に対応する。

筐体には触れるたびに高い質感が感じられる金属製を採用。放熱性の向上により、長時間の再生でも安定して使用できるとのこと。本体の状態をLEDのカラーで表示するステータスインジケーターを搭載し、現在のオーディオフォーマットやサンプリングレートを視覚的に確認できる。

Androidアプリ「FiiO Control」と連携して、デバイス設定機能から5種類のフィルターの選択、ゲインのHigh/Low切替え、チャンネルバランス調整などが設定可能。推奨インピーダンスは16〜300Ω、周波数応答は20Hz - 50KHz(±0.05dB)。外形寸法は40×15×12mm、質量は約12.3g。