TVS REGZAは、同社4K有機ELテレビ“タイムシフトマシン4K有機ELレグザ”「X9900Lシリーズ」にて、新たなゲーム機能「オリジナルフレーム駆動」を追加したことを明らかにした。

本機能は、60Hzで映像出力するゲーム機とX9900XLシリーズを接続した際、通常は120Hzで駆動する有機ELパネルが、自動的に60Hz駆動に切り替わるというもの。これにより、これまで4K/60Pや1080/60Pの入力信号に対して行っていた倍速処理が不要となり、映像の入力から表示までのレスポンスが更に向上。映像遅延が従来の約9.3ミリ秒から約2.4ミリ秒まで低減され、さらに快適なゲームプレイが可能になったとしている。

なお同社では、今回の発表に合わせ、本機能に関する動画を公式YouTubeチャンネルにて公開。評論家の鳥居一豊氏を招き、仕組みから実際の効果まで解説している。