船井電機は、ヤマダホールディングスグループで独占販売しているFUNAIブランドより、ゲーミングヘッドセット「FHS-W350」を、7月下旬より順次、全国のヤマダホールディングスグループ店舗およびヤマダウェブコムにて発売する。価格は3,980円(税込)。

50mm径のドライバーユニットを搭載し、繊細な音から爆発音までを高品位に再現すると謳うゲーミングヘッドセット。本製品について同社は、2021年6月に発売した240Hz対応ゲーミングモニターに続き、テレビメーカーであるFUNAI ブランドならではのゲームの世界を提供していくとアピールする。

マイクは回転させて好みの高さに位置調整ができるほか、アーム部分はフレキシブルに曲げられる仕様で口元との距離を調整できる。また、音声調節ダイヤルを備えるインラインコントローラーにはマイクミュートスイッチも装備。手元で素早くマイクをミュートにすることができる。

ヘッドバンドは装着者の頭のサイズに合わせて自動調整を行う機構と柔軟性のあるスチールフレームを併用することで頭と耳への圧力を分散。長時間使用しても快適さを保つ。イヤーパッドはやわらかい合成皮革パッドを採用することで、快適な付け心地と高い遮音性を兼ね備えたとしている。

入出力端子はマイク・ヘッドホンミニプラグ(3.5mm4極)、周波数特性は20Hz - 20kHz、インピーダンスは21Ω±15%Ω、感度は109dB±3dB。マイク周波数特性は100Hz - 10kHz、マイク感度は-42±3dBとなる。

外形寸法は210W×243H×91Dmm、質量は350g(ケーブル有り)。付属品としてマイク・ヘッドホン分離変換ケーブル(3.5mm4極→3極×2)を同梱する。