エレコムは、アクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン「LBT-TWS13」を8月上旬より発売する。価格は10,274円(税込)。カラーバリエーションはベージュ/ブラック/ホワイトの全3色を展開する。

様々な使用環境に合わせた全4種のモードを搭載する完全ワイヤレスイヤホン。周囲の環境ノイズを低減する「アクティブノイズキャンセリング(ANC)モード」をはじめ、映像と音の遅延を低減する「低遅延モード」、周囲の音を取り込む「外音モード」、耳栓のように機器と接続せずに周囲の騒音をカットする「デジタル耳せんモード」を備え、各モードは本体のタッチセンサー操作によって切り替えられる。

音質面では、Φ10mmの外磁型ダイナミックドライバー「Micro“ETEMDriver(ELECOM Torus External Magnet Driver)”」を搭載し、小型ながら力強くワイドレンジで、クリアな音質を実現したとアピールする。

伝送技術には、最新のMCSync(Multi Cast Synchronization)を採用し、左右のヘッドホン間の通信を最適化し、途切れにくく安定した接続を実現する。左右のヘッドホンが完全に独立しているため、クロストークのないリアルなステレオイメージも再現するという。

連続再生時間は約6時間(ANCモード時は約5時間)、充電ケースと併用で最大約26時間となる。充電端子にはUSB Type-Cを採用。充電ケースにはLED点灯数で充電/残量レベルを確認できるバッテリーインジケーターを搭載するほか、スマートフォン接続時には端末画面にバッテリー残量を表示させることも可能だ。

本体は、耳の形状に合わせたエルゴノミクスデザインによるフィット感と、片側わずか約3.5gの軽量設計を実現。イヤーキャップはS/M/Lの3サイズを用意する。また、初期登録後は充電ケースを開けるだけで自動的に機器とペアリングできる「オートペアリング機能」をサポートする。

SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントや、片側のみの使用にも対応する。自社環境認定基準を1つ以上満たした「THINK ECOLOGY」認定製品となっている。Bluetoothのバージョンは5.2、コーデックはSBC/AAC、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポートする。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz。本体質量は約3.5g。