JVCケンウッドは、 Victor(ビクター)ブランドより、 柔らかい素材のイヤーフックを採用することでソフトな装着感と耳から外れにくい安定性を実現したという完全ワイヤレスイヤホン「HA-EC25T」を8月初旬に発売する。ブルー、ブラック、ホワイトの3色をラインナップし、オープン価格だが税込7,920円前後での実売が予想される。

フックタイプの完全ワイヤレスイヤホン。前述のとおりイヤーフックの素材に柔軟性のある素材を採用し、これによってソフトな装着感と耳から外れにくい安定性を実現したという。

また、本体質量約6.9g(片耳)という軽量さも実現。フックタイプながら耳に収まりやすいコンパクトな形状にしたともアピールしている。

バッテリー性能はイヤホン本体のみで最大7.5時間、充電ケースとの併用で合計最大30時間の連続再生が可能。IPX5相当の防水性能も備え、屋外やスポーツ時の使用にも配慮している。

標準イヤーピースに加え、周囲の音が聞こえやすい低遮音イヤーピースを付属。ジョギングなど屋外使用時の安全性とともに、在宅ワーク時などのオンライン会議で通話に使用の際も、チャイム音や電話の着信音といった周囲音が聞き取りやすいよう、日常生活上の利便性にも配慮した。

ドライバーサイズは6mmで、高磁力ネオジウムマグネットを採用することによって低域から高域までバランスよく、パワフルでクリアなサウンドを実現したと説明。NORMAL/BASS/CLEARの3つのサウンドモードも搭載している。

音楽のボリューム調整や再生/停止など各種をタッチ操作で行えるほか、スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応。自動で電源のオン/オフやワイヤレス接続ができるオートオン/オフ&オートコネクト機能も搭載している。

BluetoothはVer.5.1で、Power Class1に対応。アンテナ位置を最適化することで、ワイヤレス接続の安定性を高めたという。BluetoothコーデックはSBCに対応している。

通話用のマイクも内蔵し、ハンズフリー通話やテレワーク時のオンライン会議などにも使用できるよう配慮。また、左右どちらか片側だけでも使用できる。

同社では、「近年、完全ワイヤレスイヤホンの普及が進む中で、落下を心配する声が聞かれ、実際に電車乗降の際に落とす事例も増加している。また、コロナ禍における生活様式の変化により在宅ワークが増加し、運動や健康に対する意識の高まりから、スポーツジムやフィットネスクラブだけでなく、ジョギングやウォーキング、自宅内でのエクササイズなどのトレーニングやフィットネスなどのシーンでも使える完全ワイヤレスイヤホンの需要も増えてきている」と、昨今の社会状況についてコメント。こうした状況に対応するため、今回の「HA-EC25T」を開発したのだと説明している。